LINE執行役員プロデューサーの森啓氏。令和小説大賞の審査員も務める
LINE執行役員プロデューサーの森啓氏。令和小説大賞の審査員も務める

LINEの新コンテンツ事業は「小説」 投稿から読書まで一気通貫

2019年04月23日
  • 「LINEノベル」発表会にて。左からLINE執行役員プロデューサーの森啓氏、日本テレビ放送網プロデューサーの植野浩之氏、乃木坂46の高山一実氏、アニプレックスプロデューサー高橋祐馬氏、ストレートエッジ代表取締役兼LINEノベル編集長の三木一馬氏
  • LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏
  • LINE執行役員プロデューサーの森啓氏。令和小説大賞の審査員も務める
  • 読書時間に応じて課金コンテンツが無料になるチケットをもらえるというもの。読書時間の蓄積は1週間ごとにリセットされる。読書が習慣化すれば、毎日無料で読むことも可能
  • 投稿者自ら書籍化する出版社を選ぶことができる
  • 新設される「令和小説大賞」の第1回アンバサダーに就任した、乃木坂46の高山一実氏