NTTドコモは2019年4月15日、新料金プランを発表した。2~4割程度の値下げを実現したというが、端末料金の値引き施策に関しては言及がなかった。政府の働きかけが発端となった料金改定。本当に消費が動くかを見極めるには、夏商戦向けの端末料金の発表を待つ必要がありそうだ。

NTTドコモは2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表。基本料やパケット代などを1つにまとめ、シンプルさを重視したプランとなる
NTTドコモは2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表。基本料やパケット代などを1つにまとめ、シンプルさを重視したプランとなる

 通信料金と端末代金を分離した「分離プラン」を軸とした、新しい料金プランを2019年に導入するとしていたNTTドコモ。そのNTTドコモが2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の発表会を実施し、その概要を明らかにした。

 これら2つのプランはいずれも、従来バラバラになっていた基本プランとインターネット接続サービスのspモード、パケット通信サービスを1つにまとめている。データ通信を積極的に利用する人向けの大容量プランが「ギガホ」、通信量が少ない人向けのプランが「ギガライト」となる。

 ギガホは月当たり30ギガバイトの通信容量を利用できるプランで、自動更新と解約金が発生する2年定期契約の場合、月額6980円(2年定期契約なしの場合はプラス1500円)となる。月の通信量が30ギガバイトを超えた場合は、通信速度が最大毎秒1メガビットに制限される。従来のプランでは速度制限時の通信速度が毎秒128キロボットにまで低下してしまうため、制限後はインターネットサービスの大半が利用困難だった。ギガホでは「ほとんどのインターネットコンテンツは使い放題と言っていい」と、NTTドコモの吉澤和弘社長は自信を示す。

「ギガホ」は毎月30ギガバイトの高速通信ができるプランで、使い切った後も毎秒1メガビットと、そこそこの速度で通信できるのがポイント。後述の「みんなドコモ割」(3回線以上)を適用すると5980円になる
「ギガホ」は毎月30ギガバイトの高速通信ができるプランで、使い切った後も毎秒1メガビットと、そこそこの速度で通信できるのがポイント。後述の「みんなドコモ割」(3回線以上)を適用すると5980円になる

 ギガライトは、毎月の通信量に応じて料金が変化する、段階制のプランだ。2年定期契約ありの場合、ステップ1(月当たり1ギガバイトまで)が2980円、ステップ2(3ギガバイトまで)が3980円、ステップ3(5ギガバイトまで)が4980円、ステップ4(7ギガバイトまで)が5980円となる。7ギガバイトを超えた場合は通信速度が毎秒128キロビットに制限される。

「ギガライト」はデータ通信の使用量に応じて1~7ギガバイトまで料金が変化する段階制のプラン。「みんなドコモ割」(3回線以上)の適用で1980円から利用できる
「ギガライト」はデータ通信の使用量に応じて1~7ギガバイトまで料金が変化する段階制のプラン。「みんなドコモ割」(3回線以上)の適用で1980円から利用できる

 これら2つのプランに、家族以外との通話を定額にする「音声オプション」を組み合わせる。5分間の無料通話ができる「5分無料通話オプション」(月額700円)と、国内通話が無料になる「かけ放題オプション」(月額1700円)の2つが用意されている。従来「カケホーダイライトプラン」を契約していた人は前者、「カケホーダイプラン」を契約していた人は、後者のオプションを追加すればよい。

家族で契約するとお得になる仕組みを充実

 新料金プランでは、家族で利用した時の割引サービスに力を入れている。その1つは「みんなドコモ割」。これは3親等以内が対象となるファミリー割引グループの契約者に、新料金プランの値引きをするというものだ。

 2回線で月額500円、3回線以上で月額1000円の割引が適用される。ギガホだけでなく、ギガライトの利用者にも適用されることから、大容量プランにしか割引が適用されないソフトバンクの「みんな家族割+」と比べて優位性がある。

「みんなドコモ割」は、ファミリー割引のグループに入っている新料金プランの契約者全てが、人数に応じて最大1000円の値引きを受けられる仕組みだ
「みんなドコモ割」は、ファミリー割引のグループに入っている新料金プランの契約者全てが、人数に応じて最大1000円の値引きを受けられる仕組みだ

 同じくファミリー割引グループ内の1人が「ドコモ光」を契約していることで適用される「ドコモ光セット割」もある。こちらは料金プランによって割引額が異なり、ギガライトのステップ1では値引きなし、ステップ2では月額500円の値引き、それ以上の場合とギガホに関しては、月額1000円の値引きが受けられる。

 双方を適用すれば月額最大2000円の割引となり、ギガホであれば月額4980円で利用できる計算になる。ファミリー割引のグループを構成する人が必ずしも新しい料金プランに入っている必要はなく、以前の料金プランの加入者もカウントできるなど、柔軟性があるのがポイントだ。

 家族契約での割引を強化した理由について、吉澤氏は「家族契約が非常に多く、7割以上が3回線契約」であるためと答えている。家族で利用することでお得感を打ち出すことにより、より多くの契約者を獲得したい狙いがあるといえそうだ。

1ギガバイト未満の利用者が最もお得に

 多くの人が注目しているのは、新料金プランと一連の割引施策によって、かねてよりNTTドコモが公表していた「2~4割の値下げ」を実現しているかという点ではないだろうか。

 発表会でも従来のプランと比べた場合の比較がなされており、中でも1ギガバイト未満の利用者は、ギガライトとみんなドコモ割などの適用によって4割の値下げになることが明らかにされている。吉澤氏によると、NTTドコモのスマートフォン契約者のうち約4割の利用者が毎月の通信量が1ギガバイト未満とのことなので、それらの人達は新料金プランに変えることで、かなりお得になる可能性は高い。

従来の料金プランと新料金プランとの比較。みんなドコモ割の適用などによって、ギガホで3割、ギガライトのステージ1で4割お得になるという
従来の料金プランと新料金プランとの比較。みんなドコモ割の適用などによって、ギガホで3割、ギガライトのステージ1で4割お得になるという

 ただし新料金プランは分離プランでもあるため、「月々サポート」などの端末値引きが適用されている状態で新料金プランに移行すると、端末値引きがなくなり、かえって損になってしまう。また特定の端末に買い替えることで毎月1500円の値引きが受けられる「docomo with」の契約者などは、新料金プランに移行してもお得にならないケースがあるとのこと。必ずしも全ての人が、すぐお得になる仕組みではないことから、プラン変更にはやや注意する必要があるだろう。

 お得感が薄れた印象があるのが長期契約者だ。従来の料金プランに適用される「ずっとドコモ割プラス」は、2年契約が必要な「ずっとドコモ割コース」を契約していると、dポイントクラブの会員ステージと料金プランに応じて年間最大3万6000ポイントのdポイント還元、または3万円の割引が受けられる仕組みだった。

 だが新料金プラン向けの長期利用者向け特典「ずっとドコモ特典」は、dポイントクラブのステージに応じて、誕生月に500~3000ポイントが進呈されるにとどまる。これに加えてdポイントクラブの会員ステージが「プラチナステージ」(契約15年以上)の場合、「d払い」などでの還元率が1%アップするなどの特典が得られる「dポイント スーパー還元プログラム」も開始されるが、従来の長期契約者優待と比べると弱い。

 その理由について吉澤氏は「今回は長期優待(の値引き分)も含んだ上で、2~4割の値引きを実現している」と答えている。値引きを実現した理由は分離プランの導入だけでなく、従来の長期利用者優待の一部を、新料金プラン契約者全てにまんべんなく適用したことにもあるようだ。

端末値引き策は公表されず全体像は不明瞭

 そしてもう1つ、非常に気になったのが、今回の発表はあくまで料金のみにとどまり、端末料金の値引き施策に関しては言及がなかったことである。先にも触れた通り、新料金プランは分離プランであり、契約者は従来のような形での端末代の値引きを受けることができないため「スマートフォンを定価で購入しなければいけない」と懸念する声が少なくない。

 この点について吉澤氏は、「端末を購入しやすくするアイデアを検討中」と話し、分離プラン導入に当たって、スマートフォンを購入しやすくするための何らかの策を検討していることを明らかにしている。具体的には割賦払いの継続、ミドルクラスのスマートフォンの販売拡大、そして従来とは異なる端末購入補助の仕組みの提供だ。

分離プラン導入で注目される端末購入に関して、吉澤氏は「検討中」と答えるにとどまり、詳細は明らかにされなかった
分離プラン導入で注目される端末購入に関して、吉澤氏は「検討中」と答えるにとどまり、詳細は明らかにされなかった

 だが新しい端末購入補助に関しては「新しいデバイスが出る時に説明したい」と話し、今回具体的な内容は明らかにしなかった。ゆえに現時点では、端末代も含めた毎月の料金がどの程度の水準になるのかが見えず、料金の全体像を見据えるのが難しいと感じたのが正直な所である。

 新料金プランは2019年5月22日に予約を開始し、2019年6月1日より提供開始するとのこと。例年であればNTTドコモは5月に、夏商戦に向けた新しいスマートフォンを発表することから、予約開始前後のタイミングで新しい端末購入補助の仕組みが判明する可能性が高い。

 菅義偉官房長官の「4割程度下げる余地がある」発言など、消費の活性化に向けた政府の働きかけが発端となった今回の料金改定。NTTドコモの料金プランが真にお得になったのかどうか、本当に消費を動かす力があるのか。それを見極めるには、もう少し待つ必要がありそうだ。

(写真/佐野 正広)