九州を中心にディスカウントストアなどを展開するトライアルホールディングス(福岡市)は、2019年4月19日にリニューアルオープンするフラッグシップ店舗「メガセンタートライアル新宮店」に小売りに特化したAI(人工知能)カメラ1500台を設置する。人物や商品を認識させ、購買分析などに生かす。

左からRetail AIの永田洋幸社長と同社取締役CTO兼トライアルグループCTOの松下伸行氏
左からRetail AIの永田洋幸社長と同社取締役CTO兼トライアルグループCTOの松下伸行氏

 メガセンタートライアル新宮店が導入するのは、トライアルホールディングスが2018年11月に設立した子会社Retail AI(東京・港)の「リテールAIカメラ」(関連記事:「【特報】九州のスーパーがAIカメラメーカーに トライアルが量産」)。スマートフォンをベースに同社が中国・深センで独自に開発した。1300万画素のカメラを搭載し、静止画やハイビジョン動画を撮影できる。通信は無線LANと有線LANに両対応。HDMI、USBの端子を搭載している。

 メガセンタートライアル新宮店では、このカメラ1500台を商品棚のプライスレールに設置。向かい合った棚に並んだ商品を認識させ、棚ごとの売り上げ状況を分析する。POSでは店舗全体での商品売り上げしか分からないが、棚ごとの動向が分かれば、陳列場所や方法の工夫にもつながる。欠品状況を随時把握して、バックヤードから商品を補充するタイミングも適正化できる。

 19年4月15日に開催した発表会では、店舗を模した棚を置き、デモを披露した。そこでは、棚の様子を静止画で撮影して、バックヤードのディスプレーに表示していた。説明員によると、リテールAIカメラはハイビジョン動画も撮影できるが、必ずしも動画で撮影する必要はない。「来店客の数や商品の稼働状況に応じて、10分に一度、30分に一度などの間隔で撮影した画像でも、状況把握には十分だ」という。

棚のプライスレールに設置した「リテールAIカメラ」。あまり目立たない
棚のプライスレールに設置した「リテールAIカメラ」。あまり目立たない
バックヤードでカメラが撮影した画像を見たイメージ
バックヤードでカメラが撮影した画像を見たイメージ

サイネージと連動し、顧客別の広告を出す

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>