経産省・特許庁は2019年4月11日、今年度の「知財功労賞」を発表した。今回から「デザイン経営」の企業カテゴリーを新設して有識者会議で審査した結果、優秀企業として経済産業大臣表彰で良品計画、特許庁長官表彰でスノーピークを選んだ。

良品計画はホテルビジネスにも乗り出すなど独自のデザイン哲学で多方面に事業を展開し、消費者の生活スタイルを彩っている
良品計画はホテルビジネスにも乗り出すなど独自のデザイン哲学で多方面に事業を展開し、消費者の生活スタイルを彩っている

 「知財功労賞」は、国内の知的財産権制度の発展などに貢献した個人や知的財産権制度を積極的に活用している企業を表彰する賞。1987年度から始まり、今回は33回目になる。2018年に「『デザイン経営』宣言」を発表した経済産業省・特許庁は、同宣言の中で「デザイン経営」を実行している企業を表彰したいと言及していた。

 地方の省庁機関やデザインなどの関連団体に、デザイン経営を進めている企業を昨夏から推薦してもらい、その中から有識者会議が選んだ。評価の基準は、経営チームにデザイン責任者を配置しているか、経営の上流工程にデザインの視点を盛り込んでいるか、デザイン戦略に経営資源をどこまで投じているか、ブランド力やイノベーション力の向上につながっているか、など。これらについて「非常に優れている」「優れている」「普通」「評価外」と点数を付けた。

 一方で、デザイン経営に関連した商標の出願や意匠権の取得といった知的財産をどこまで活用しているかも評価し、点数化している。デザインと知財の総合評価で表彰する企業を決めた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>