クラウドファンディング発の製品や海外のデザイン家電など、ユニークな品ぞろえで知られる二子玉川 蔦屋家電。ネット時代の次世代型ショールームとうたう「蔦屋家電+(プラス)」が2019年4月5日にオープンした。ネット通販対抗で安売りに陥りやすい一般の家電量販店との違いとは?

蔦屋家電+は店舗2階のエレベーター脇にオープン
蔦屋家電+は店舗2階のエレベーター脇にオープン

 蔦屋家電+は、これまで催事会場として使っていた40平方メートルほどのスペースを改装してオープンした。国内で未発売の海外製品や試作品など、ガジェット系を中心に30のプロダクトが並ぶ。リアル店舗では蔦屋家電+でしか扱っていないものばかりで、来店客はそれらの多くを実際に触って試せるのが売りだ。30製品のうち21製品は、店頭で予約・購入することもできる。

 品ぞろえは、実に多彩だ。例えば、飼いネコの活動を24時間見守る首輪型ウエアラブルデバイスの「Catlog(キャトログ)」や、海外発の低出力レーザー“育毛キャップ”「Capillus(カピラス)」、指輪型の時計「RING CLOCK(リングクロック)」、仮眠専用チェア「EnergyPod(エナジーポッド)」など、斬新なアイデアが光る製品が多い。予約販売されているものの価格帯は、最低5500円から最高190万円と幅広い。

 大手メーカーではパナソニックや日立アプライアンスなども、型破りな製品を出品。パナソニックは、家電領域の新事業創出を担う社内アクセラレーター、ゲームチェンジャー・カタパルトで開発中の「DishCanvas(ディッシュキャンバス)」を展示する。これは、料理を彩るさまざまな映像を映し出せるディスプレー搭載型の皿だ。また、日立は著名デザイナーの深澤直人氏が手掛けた中国市場向けのスタイリッシュな空気清浄機を“逆輸入”。日本導入の可能性を探るテストマーケティングの場として活用する考えだ。

仮眠専用チェア「EnergyPod(エナジーポッド)」が、蔦屋家電+で最高額の190万円(税別)
仮眠専用チェア「EnergyPod(エナジーポッド)」が、蔦屋家電+で最高額の190万円(税別)
写真手前の製品が、パナソニックの試作品「DishCanvas(ディッシュキャンバス)」
写真手前の製品が、パナソニックの試作品「DishCanvas(ディッシュキャンバス)」

店員が製品を売り込まない?