阪神の主力選手として活躍した現役時代は「ミスタータイガース」と呼ばれていた掛布氏。現役生活は通算15年で1625試合に出場、通算打率2割9分2厘、通算本塁打数は349本。本塁打王3回、ベストナインにも7回選ばれている
阪神の主力選手として活躍した現役時代は「ミスタータイガース」と呼ばれていた掛布氏。現役生活は通算15年で1625試合に出場、通算打率2割9分2厘、通算本塁打数は349本。本塁打王3回、ベストナインにも7回選ばれている

独立リーグをアプリで応援 夢を追う男たちに球界レジェンドが喝

2019年04月12日
  • ルートインBCリーグと「KIZUNAプロジェクト」協業記者会見より。左から村山哲二ジャパン・ベースボール・マーケティング社長、堀主知ロバートOceans社長、掛布雅之・阪神タイガース オーナー付シニアエグゼクティブ・アドバイザー、田尾安志・東北楽天ゴールデンイーグルス初代監督、川相昌弘・読売新聞スポーツアドバイザー、司会進行役を務めたお笑いタレントのそうすけ氏
  • 「KIZUNA LIVE!」アプリ。アーカイブではBCリーグの選手たちがプレーする姿を見ることができる
  • レジェンドには写真の3人(左から掛布、田尾、川相)の他、元広島の川口和久、元ヤクルトのギャオス内藤、元日本ハムの嶋田信敏、元DeNAの古木克明、元西武の新谷博らが名を連ね、今後も増える予定
  • 「KIZUNAプロジェクト」を運営するOceansとの協業について語る村山社長
  • 堀主知ロバート氏が社長を務めるOceansが「KIZUNAプロジェクト」を運営。このSNSは、アスリートたちと直接チャットできるのが特徴だ
  • 川相氏が持つ通算533本の犠牲バントは世界記録。通算犠打成功率は9割を超え、「バント職人」「バントの神様」の異名を持つ
  • 阪神の主力選手として活躍した現役時代は「ミスタータイガース」と呼ばれていた掛布氏。現役生活は通算15年で1625試合に出場、通算打率2割9分2厘、通算本塁打数は349本。本塁打王3回、ベストナインにも7回選ばれている
  • 「安打製造機」と呼ばれた現役時代の田尾氏は、甘いマスクで女性ファンも多かった。現役生活は通算16年で1683試合に出場、通算打率2割8分8厘、通算本塁打数は149本。1976年の新人王、ベストナインにも3回選ばれている