スターフライヤーの遠藤岳春氏(左)と、デザイナーの橋本淳氏

血行促進“出張バテ”を軽減するスーツ 開発した航空会社の狙い

2019年03月28日
  • スターフライヤーが開発した「+FLOW」は、“出張バテ”を軽減するビジネススーツ。同じデザインコンセプトのアイマスクが付属する。色はブラックとグレー、サイズはM、L、LLの3種類から選択可能。注文予約は「junhashimoto」ブランドサイトで受け付けており、限定100着で価格は9万7200円(税込み)
  • 発表会であいさつした松石禎己スターフライヤー社長。「九州ではそこそこ有名な航空会社だ」と自負していたが、東京や関東での認知度は「まだまだだった」というエピソードを披露し、今回のプロモーションの重要性を語った
  • スターフライヤーの遠藤岳春氏(左)と、デザイナーの橋本淳氏
  • 星の鼓動を音楽にした「星々の歌を聴こう Star Chorus」は、2018年2月から3月にかけて展開されたスマートラグジュアリー
  • 機内での時間を快適に過ごせるスーツは、出張バテを訴える利用者の声を反映して企画された
  • 出典:「ビジネスパーソンの『出張バテ』に関する実態調査」(タイムカレント)。調査期間:2019年2月16~17日、モニター数:300人、モニター属性:20~40代の男性会社員
  • 一般的なスーツを着用した場合と「+FLOW」を着用した場合について、地上および機内で体温の差を比較。「+FLOW」の効果が分かる
  • 背裏のメディカーボン用ポケット
  • 太もも裏のメディカーボン用ポケット
  • メディカーボン。もともと医療目的で開発された素材で、温熱治療を施す一般医療機器にも採用されている
  • 今回は出張に焦点を当てているが、血行促進などの機能を考えれば、普段の“仕事着”として検討してもいいだろう