Apple Payと連携するクレジットカード「Apple Card」

iPhoneの中にアップル独自のカードが持てる「Apple Card」
iPhoneの中にアップル独自のカードが持てる「Apple Card」

 今回キャッシュレス決済関連でも新展開が見られた。Apple Payに対応するiPhoneで利用できる、アップル独自のクレジットカード「Apple Card」の発行を明らかにした。19年夏に米国で登場する。ステージのプレゼンテーションを見る限り、現在日本国内でも利用できる電子決済Apple Payを洗練させ、iPhoneのWalletアプリの中でカードを使った履歴確認などが、シームレスに行えるようだ。

キャッシュバックサービスの「Daily Cash」も発表
キャッシュバックサービスの「Daily Cash」も発表

 Apple Cardのブランドはマスターカード、発行は米ゴールドマン・サックスが行う。アップルのオンラインおよびリアル直営店での買い物にキャッシュバックを付ける、「Daily Cash」というサービスも、併せて開始する。

 iPhoneのApple Payによる電子決済が利用できない店舗でもApple Cardが使えるように、総チタン製のカードを提供する。デザインもアップルらしく“クール”なことが特徴。このカードを使った買い物には、1%のDaily Cashが適用される。

チタニウム製のカードも発行する
チタニウム製のカードも発行する

 導入の実現性を考えると、日本の一般ユーザーなら、アップルが今回発表したサービスに少し距離を感じるだろう。18年はこの時期にApple Pencilに対応した9.7インチのiPadが発表されたので、ハードウエアに関連するアナウンスが1つもなかったのは、残念だった。

 しかし発表会の様子からは、アップルがこれまで以上にソフトウエアとサービスのビジネスに力を入れていこうとする意気込みが、しっかり伝わってきた。日本の、特に映像やゲーム、新聞や出版といったデジタルコンテンツを保有する企業にとっては、むしろこのサービス展開のほうが気がかりに違いない。日本展開の時期、サービス内容がどうなるかについて、引き続き注視し続ける必要がある。