日本人がシンガポールで起業したベンチャーのAnyMind Groupは、主に東南アジア各国の市場に対し、デジタルマーケティングやHRテックの領域でAI(人工知能)ソリューションを提供する。今回、第三者割当増資で800万米ドル(約9億円)を調達し、タイをはじめとする東南アジアで事業を拡大する。

AnyMind GroupのWebサイト
AnyMind GroupのWebサイト

 AnyMind Groupは、タイ最大手のデジタルサイネージ運営会社であるVGI Global Media(タイ・バンコク)と、アジア企業に積極的な投資を続けるベンチャーキャピタル、東京センチュリー(東京・千代田)から、第三者割当増資の形で800万米ドル(約9億円)を新たに調達。併せてVGIとのジョイントベンチャー(JV)「VGI AnyMind Technology」を設立する。

 新たに設立したJVは、VGIが既にタイ国内の公共交通機関やビルボード、オフィスのエレベーター、高速道路沿いなどに設置済みで約4000万人にリーチできるデジタルサイネージをすべて通信ネットワークで結ぶ。そのうえで各サイネージ近辺にカメラを設置し、サイネージの前を通る人の流れやサイネージを見た人を撮影して、年齢・性別などの属性を把握し、サイネージに興味を示した人にふさわしい広告を、AIを使って表示する仕組みを構築する。

 AnyMind Groupの十河宏輔共同創業者兼CEO(最高経営責任者)は、「タイでは『DOOH(デジタル・アウト・オブ・ホーム)』と呼ばれるデジタルサイネージ向け広告市場が拡大中。かつサイネージに流す広告を動画で見せたいという広告主のニーズも急速に高まっている。広告を見てほしいユーザー層にターゲティングしてデジタルサイネージに動画を流す仕組みを構築すれば、価格が高めでも利用する広告主は多い」と狙いを語る。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>