次世代のモバイル通信規格「5G」に関する技術やサービスの開発に積極的に取り組んできた日本だが、世界最大の携帯電話の総合見本市イベント「MWC 2019」で聞かれたのは、「日本は5Gで遅れている」という声だった。日本は本当に5Gで後れを取っているのだろうか。

 日本はこれまでキャリアを中心として、5Gが現在のように大きく盛り上がる前から、標準化活動だけでなく、5Gを活用した技術やサービス開発にも積極的に取り組んできた。例えばNTTドコモは、2017年より「5Gトライアルサイト」を展開。東京のスカイツリータウンやお台場地区などで、5Gを活用したさまざまな実証実験を実施してきている。

日本は東京五輪が足かせに

NTTドコモが17年に「5Gトライアルサイト」を立ち上げて5Gに関するさまざまな実証実験をするなど、日本は世界に先駆けて5Gに注力してきた国の1つだった
NTTドコモが17年に「5Gトライアルサイト」を立ち上げて5Gに関するさまざまな実証実験をするなど、日本は世界に先駆けて5Gに注力してきた国の1つだった

 だが19年に入り、そうした5Gにおける日本の優位性が大きく揺らぎつつあるようだ。19年2月29日から、スペイン・バルセロナで開催された携帯電話の総合見本市イベント「MWC 2019」を取材する中、海外の企業から聞かれたのは「日本は5Gで遅れている」という声だった。