5Gは通信料金の仕組みも大きく変えるか

 そしてもう一つ、今回のMWCで見えてきたのが、5Gで通信料の仕組み自体が大きく変化する可能性である。これまで携帯電話の通信料といえば、細かな仕組みに違いがあるとはいえ、基本的には通話時間とデータ通信容量によって毎月の料金が決まるのが一般的。だが5Gではその仕組み自体が、大きく変わる可能性が出てきているのだ。

 その要因の一つが、携帯電話のネットワークを分割し、特定の帯域を特定の用途に適した形で割り当てる「ネットワークスライシング」という技術が本格的に導入されることである。

 従来はすべての機器が一律に同じネットワーク帯域を使用していたため、使用する機器によってはネットワークを効率よく活用できていなかった。だが今後はネットワークスライシングによって、映像配信用のカメラには大容量通信、遠隔医療の操作には低遅延を重視し通信容量は少なくする……といったように、機器やサービスに応じて通信容量が最適化されるようになる。そうなれば、通信料も一律ではなく、機器やサービスによって変化することになるだろう。

 さらにもう一つ、通信料金が大きく変わる要因として挙げられるのが、大容量通信の一般化だ。5Gでは4Gよりも高速大容量通信を利用するケースが増えると見られるが、一方でユーザーの通信容量が増えたからといって、ユーザーの負担を増やすのには限界がある。最近では行政が通信料金の一層の値下げを求めているだけに、なおさらだ。

 それゆえ今後は、通信“容量”ではなく通信の“質”で料金が変化する仕組みが導入されることもあり得るという話を、今回のMWCの取材の中でたびたび聞くことができた。例えば、通常のプランは通信容量は使い放題だが通信速度は4G程度で、プレミアムなプランに加入すると5Gの通信速度を利用できるようになる……といった具合だ。特にゲームなど、ネットワーク環境が体験に大きく影響するコンテンツやサービスの利用者に対しては、こうした施策は有効に働くと見られているようだ。

中国OPPOの5Gスマートフォンのプロトタイプを用いた、5Gによるクラウドゲームのデモ体験。5Gではオンラインゲームを快適に楽しめる料金プランなどが登場する可能性もありそうだ
中国OPPOの5Gスマートフォンのプロトタイプを用いた、5Gによるクラウドゲームのデモ体験。5Gではオンラインゲームを快適に楽しめる料金プランなどが登場する可能性もありそうだ

 料金が変化すれば、ネットワークの使い方も大きく変わってくる。そうした点からも、5Gがもたらす変化がいかに大きなものになるかを理解できるのではないだろうか。