2019年2月25日に開催された携帯電話の総合見本市イベント「MWC 2019」に合わせて、スマートフォン大手各社が相次いで新機種を発表している。ディスプレーを折り畳めるなど、停滞感を打ち破る新機軸の機種が続々発表された。これらがスマートフォンのあり方を大きく変える存在となり得るのか。

 今年も、スペイン・バルセロナで携帯電話業界の世界最大の見本市イベント「MWC 2019」が実施された。毎年このイベントに合わせる形で、スマートフォン大手各社が相次いで新機種を発表しているのだが、今年の発表内容を見ると、ここ数年来の停滞感を打ち破る、変化に富んだ端末が多く登場した年だったといえるだろう。

画面を折り畳めるスマートフォンが注目

 その傾向を象徴しているのが、本体を2つに折り曲げることができる、折り畳みスタイルのスマートフォンが急増したことだ。日本でも過去にNTTドコモが「MEDIAS W」「M」と、2つの折り畳みスマートフォンを投入しているが、これらはいずれも2枚のディスプレーを組み合わせるスタイルのため、開いたときにディスプレーとディスプレーの間に継ぎ目が発生してしまっていた。

 今回発表されたのは、いずれも曲げられる特性を持つ有機ELをディスプレー素材に採用することで、1枚のディスプレーを直接折り曲げるスタイル。それが従来にない革新的なスマートフォンであるとして、大きな注目を集めているわけだ。

 その1つが、サムスン電子が19年2月20日(米国時間)に発表した「Galaxy Fold」である。これは外側に4.6インチ、内側に7.3インチのディスプレーを搭載しており、折り畳んだ状態では外側のディスプレーで操作し、本体を開くと内側の大画面ディスプレーが現れて大画面での操作が可能になる仕組みだ。

サムスン電子の「Galaxy Fold」。外側に4.6インチ、内側に7.3インチのディスプレーを搭載し、開くと大画面で利用できる仕組みだ
サムスン電子の「Galaxy Fold」。外側に4.6インチ、内側に7.3インチのディスプレーを搭載し、開くと大画面で利用できる仕組みだ

 またファーウェイ・テクノロジーズも、折り畳みスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表している。こちらはGalaxy Foldとは逆に、外側に8インチのディスプレーを備え、常にディスプレーが前面に来る仕組みだ。折り畳んだ状態では6.6インチと6.38インチの両面ディスプレーを備えたスマートフォンとして利用可能で、一方の側面にはカメラを備えていることから、撮影者と被撮影者が同時にプレビューを見ながら撮影できるなどの特徴を備えている。

ファーウェイ・テクノロジーズの「HUAWEI Mate X」。外側にある8インチディスプレーを折り曲げるスタイルで、畳んだ状態では6.38インチのスマートフォンとして使える
ファーウェイ・テクノロジーズの「HUAWEI Mate X」。外側にある8インチディスプレーを折り曲げるスタイルで、畳んだ状態では6.38インチのスマートフォンとして使える
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>