ソニーは2019年2月20日、優れた人材、技術・デザイン力、多岐にわたる販路、資金調達などを総動員して、紙1枚のアイデアからでも事業化を支援する「SSAP」を発表した。ソニーのアセットと総合力を惜しみなく投入してでも、この新規サービスで手に入れたかったものとは何だったのか。

SSAPの前身「SAP」で事業化が決まったハイブリッド型スマートウオッチ「wena wrist」のプロトタイプ
SSAPの前身「SAP」で事業化が決まったハイブリッド型スマートウオッチ「wena wrist」のプロトタイプ

 ソニー社内のクリエイターたちが温めてきたアイデアの種を、事業化する取り組みとして14年に始まった「Seed Acceleration Program(SAP)」は、5年間の活動で多数の実績とノウハウを蓄積。その成果を、同社は社外の大企業やベンチャー企業、大学、NPOにも開放し、「Sony Startup Acceleration Program(SSAP)」として事業化した。

SSAPは大企業やベンチャー企業、大学、NPOからアイデアや人材を受け入れ、ノウハウや環境を提供する
SSAPは大企業やベンチャー企業、大学、NPOからアイデアや人材を受け入れ、ノウハウや環境を提供する

 SAPの立ち上げからプロジェクトのリーダーを務めてきたソニー Startup Acceleration部門 副部門長 Startup Acceleration部 統括部長 兼 Open Innovation & Collaboration部 統括部長の小田島伸至氏は、SSAPの特徴についてこう説明する。

 「これまでのソニーのオープン・イノベーションは、ハードウエアやIP(知的財産)の提供、自社のアセットの活用、出資などで協業を始めて、クリエイターのビジョンを実現させてきた。これからは『ノウハウと環境の提供』という新しいアプローチも加えていく。それによって、かなり早く共同開発を実現していけるようになる」

ソニー Startup Acceleration 部門 副部門長の小田島伸至氏
ソニー Startup Acceleration 部門 副部門長の小田島伸至氏

 小田島氏の言葉通り、社員のジャスト・アイデアを事業化し、拡大まで請け負うノウハウの提供は、サービスの対象となる企業や大学にとってSSAPの魅力となり得たか。それを確かめるべく、18年10月からSSAPの前身である「SAP(Seed Acceleration Program)」に参画している京セラに話を聞いた。

京セラの新技術に優れたUXを付加するノウハウを提供

 京セラ 研究開発本部 システム研究開発統括部 ソフトウェア研究所 副所長の横山敦氏は言う。

 「(SAPで)良かったと思うのは、技術力の実績に基づいたノウハウ、情報の信頼感」

京セラ 研究開発本部 システム研究開発統括部 ソフトウェア研究所 副所長の横山敦氏
京セラ 研究開発本部 システム研究開発統括部 ソフトウェア研究所 副所長の横山敦氏

 京セラは材料やデバイスでは、優れたノウハウや技術を持ち合わせていた。そこで一般の消費者に、価値を付けて提供する新しいイノベーション力、新規事業のノウハウ、価値の最大化のプロセスなどを学びながら、新たな技術を製品へと仕上げるため、SAPに参画した。現在は京セラ独自の圧電デバイス技術について、製品化の実証検証を支援するインキュベーションの段階にある。その結果を受け、事業化の判断が今年4月中に下される予定だという。

 「自社で作ってもある程度できると思うが、今回、ソニー流の価値を付加した結果、製品に新しいUX(ユーザー体験)を与えることができた。(京セラの)最先端のデバイスとソニーの最先端の考え方やデザインが組み合わさることで、一般消費者に対して、さらにステップアップできた」(横山氏)

京セラがソニーのSAPの支援の下、事業化に取り組んできた圧電素子を使った「オーディオ/振動アクチュエーター」の解説
京セラがソニーのSAPの支援の下、事業化に取り組んできた圧電素子を使った「オーディオ/振動アクチュエーター」の解説

 確かにソニーの総合力を注ぎ込み、売れる製品にまで持っていくノウハウを吸収したほうにはメリットがあるだろう。逆に時間とコストをかけて蓄積したノウハウを提供するソニーにとっては、何か埋め合わせられるだけの“実入り”でもあるのだろうか。ある種の損失につながりはしないか。

 小田島氏に尋ねると、予想とは正反対の答えが返ってきた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>