「Maison & Objet(メゾン・エ・オブジェ)」は年に2回、1月と9月にパリで開催される、インテリアや雑貨のトレードフェア。世界各国から企業や自治体が出展し、日本からも多くの団体がブースを構えた。その中でも、ブランディングに積極的な日本の自治体のブースが目立った。

シャルル・ド・ゴール駅からも近いエキスポ会場。各ブースの入り口にサインがある。ブース5~6に主な新作家具などが集まっている
シャルル・ド・ゴール駅からも近いエキスポ会場。各ブースの入り口にサインがある。ブース5~6に主な新作家具などが集まっている

 「Maison & Objet(メゾン・エ・オブジェ)」は2018年9月に大きく編成を変え、インテリアや建築材料などを扱う「メゾン」と、雑貨などが集まる「オブジェ」の2つのブースに分かれた。19年19年1月18~22日に開催されたフェアで、日本の自治体と中国のデザイナーに注目した。

 和歌山県の紀州漆器のブランド「KISHU+」は、今年で出展2年目。TAKT PROJECTのディレクションにより「食器ではない漆器の使い方」として、漆器の照明器具を発表した。TAKT PROJECT代表の吉泉聡氏は「実は紀州漆器は量産品が多く、プラスチックを初めて取り入れた産地でもある。『伝統工芸』という、どこかステレオタイプな価値観を崩し、現代的なデザインとして捉え直したい。そこで『先端工芸』をコンセプトに据え、新しい技術をポジティブに取り入れることにした」と話す。18年は花瓶なども出展していたが、照明器具に注目が集まったため、19年は照明に絞って3作品を提案した。受注も好調に入ったという。

「MICHIKAKE」と、TAKT PROJECT代表の吉泉聡氏。蒔絵技術とNC技術を使用
「MICHIKAKE」と、TAKT PROJECT代表の吉泉聡氏。蒔絵技術とNC技術を使用
「SHIZUKU」は、蒔絵に用いる金属粉の反射を生かした照明
「SHIZUKU」は、蒔絵に用いる金属粉の反射を生かした照明
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>