アマゾン・ドット・コムの「AWS」、マイクロソフトの「アジュール」に次ぐ、世界市場シェア3位のクラウドサービス「アリババクラウド」(米調査会社ガートナー調べ)を武器に、中国のアリババグループが、日本のクラウドサービス市場の開拓に向けて攻勢を強めている。

アリババクラウドは日本でカンファレンスを開催し、日本市場開拓の意欲を示した
アリババクラウドは日本でカンファレンスを開催し、日本市場開拓の意欲を示した

 アリババグループのクラウドコンピューティング事業部門であるアリババクラウドは、2019年1月29日、日本で2カ所目となるデータセンター(DC)を東京に開設した。25G(ギガヘルツ)という広帯域に対応したネットワークインフラなど最新技術を実装したDCの新設で、「アリババクラウド」が日本で扱えるデータ総量は従来の2倍以上になる。

アリババクラウドジャパンのユニーク・ソング カントリーマネージャー
アリババクラウドジャパンのユニーク・ソング カントリーマネージャー

 アリババクラウドは、「クラウド上に預かった顧客企業のデータは原則、当該国のDCで蓄積・管理し、顧客企業の了解がない限り、他国のDCには出さない」(アリババクラウドジャパンのユニーク・ソング カントリーマネージャー)方針。DC増設による日本で取り扱い可能なデータ総量の増加は、日本市場の本格的な開拓に向けての意気込みを示すものと言える。

 併せて、アリババクラウド独自の20~30人からなる営業部隊を、2019年の早い時期に日本に設ける。16年12月のサービス提供開始からこれまでは、アリババグループとソフトバンクの共同出資会社であるSBクラウド(東京・港)を中心に、三井物産やNEC、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)といったパートナー企業が、中国で「アリババクラウド」を既に利用している日本企業を主な対象に、日本市場でパブリッククラウドサービス「アリババクラウド」を販売してきた。今回のDC増設を契機に、今後はパートナー企業による営業に加えて、アリババクラウド自らも直販に力を入れ、中国で既に利用しているかどうかにかかわらず、幅広い業種の日本企業に「アリババクラウド」を売り込み、日本市場でのさらなる普及を目指す。

1秒当たり26万5000回の処理を楽々こなす

 競合するクラウドサービスと比較した際の「アリババクラウド」の強みはどこにあるのか──。

アリババグループの各種サービスを、アリババクラウドが技術的に支えている
アリババグループの各種サービスを、アリババクラウドが技術的に支えている

 まず、「アリババクラウド」上で顧客企業に提供される、中国で300以上、日本でも50以上のサービスメニュー(ソリューション)は、中国最大のBtoC向けECサイト「天猫(Tモール)」や「新小売(ニューリテール)」と総称されるリアルな小売り事業、それにスマートフォン決済アプリ「支付宝(アリペイ)」といったアリババグループの多くの事業部門で既に利用されており、安定稼働の実績がある。「アリババクラウド」の顧客企業は、「新しいサービスメニューを利用し始めた途端に不具合発生といった事態を懸念することなく、自社の事業に適したサービスメニューを選び、安心して利用できる」(ソング氏)というわけだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>