移動サービス革命「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」をめぐる動きに新展開。2019年1月28日、JR東日本と小田急電鉄が、鉄道会社間の垣根を越えてMaaS分野での連携に向け、具体的な検討に入ることを発表した。国内の事業者ごとに乱立する気配だったMaaSプラットフォームに1つの強力な軸が生まれ、シームレスな連携が進みそうだ。

JR東日本と小田急はMaaSの推進に向けて協力関係を築く。他の鉄道会社などにも門戸を開き、“仲間づくり”を進める(写真:Shutterstock)
JR東日本と小田急はMaaSの推進に向けて協力関係を築く。他の鉄道会社などにも門戸を開き、“仲間づくり”を進める(写真:Shutterstock)

 「日本版MaaS」の実現に向けた具体的な一歩となる衝撃的な動きだ。今回の東日本旅客鉄道(JR東日本)と小田急電鉄の連携には、ユーザー視点でMaaSプラットフォームの協調領域を見出す狙いがあり、検索、予約、決済など、両社の交通手段をシームレスにつなぐサービスの創出を目指す。このような包括的な取り組みが大手鉄道会社の2社間で始まるのは日本で初めて。これまで個々の事業者でMaaSの検討が進み、ともすれば各社の囲い込み戦略によってMaaSプラットフォームが“乱立”する気配だった。しかし、JR東日本と小田急は「他の鉄道会社などとの連携も進めたい」としており、両社の取り組みを軸に集約が進み、より良い形で日本でのMaaS実現の動きが加速する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する