九州を中心にディスカウントストアなどを展開するトライアルホールディングスは、店舗に設置するAI(人工知能)カメラを開発した。1000台規模の量産を完了し、実店舗に導入するための検証を始めた。自社の仕様に沿った製品を、大量かつ安価に入手する狙いがある。

トライアルは福岡市の新店舗に700台のAIカメラを導入した
トライアルは福岡市の新店舗に700台のAIカメラを導入した

 自社で設計した仕様に基づいて、中国・深圳の協力工場で2018年末に1000台規模で量産した。コストは現時点で1台1万円以上だが、大量導入するため早期に1万円以下を目指す。

 トライアルは18年2月、福岡市の新店舗に他社製のAIカメラ約700台を導入し、顧客の動きや棚の品物の売れ行きを把握する用途に活用し始めた。

トライアルが自社で開発したAIカメラ。実験店舗で試行を重ねている
トライアルが自社で開発したAIカメラ。実験店舗で試行を重ねている

AIカメラを他社へも販売

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する