米国でインテリアデザインのサイトやアプリが増えている。自分の住宅を改築する際、デザイナーや工務店だけに任せず、気に入ったデザインや素材を自ら選ぶためだ。家具や壁、床を選んだり、簡単なデザインを試してみたりすることが誰にでも簡単にできる。

Build.comのサイトでは、家具から照明器具、蛇口やシンク、ドアの取っ手など、あらゆるものがオンラインで購入可能
Build.comのサイトでは、家具から照明器具、蛇口やシンク、ドアの取っ手など、あらゆるものがオンラインで購入可能

 住宅を改築することが多い米国だが、こうしたサイトやアプリは少なかった。しかし最近は充実した機能を活用し、好きなデザインや素材を自分で探し出し、できるだけ安い値段で購入しようとする人が出てきている。デザインや素材を工務店に伝えることで、自分の好きなインテリアにしていく。

ARを活用し、家具を仮想的に配置

 改築を考える人たちによく知られているのは「Build.com」だ。バスルームやキッチンの改造に必要な蛇口、洗面台、バスタブなどを数百種類もの中から選んで購入できたり、施工者を探せたりする機能がある。ユーザーも工務店も注目しているサイトだ。AR(拡張現実)に対応したアプリも用意し、自宅内に購入希望の家具をバーチャルに配置してバランスを確かめることなどができる。

Build.comのARツールを使えば、自宅の部屋に画面を通して家具を“配置”できる
Build.comのARツールを使えば、自宅の部屋に画面を通して家具を“配置”できる

 「Houzz.com」も人気。こちらも製品やタイルなどの素材を買えるが、それ以上に盛んなのが改築を計画する人やプロによる意見交換の機能である。実際の体験談やハウツーなどが非常に参考になるという。デザイナーや施工者が、写真入りでプロジェクトを紹介する場としても利用している。改築に際してインスピレーションになるアイデアが満載で、インテリア雑誌の代替的な役割も果たしているようだ。

Houzz.comは、タイルなどの品ぞろえが多い他、体験談が豊富に掲載され参考になる
Houzz.comは、タイルなどの品ぞろえが多い他、体験談が豊富に掲載され参考になる
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>