ウェブコンサルタント協会(東京・北)は2019年4月、小規模・零細企業のウェブ活用を支援する「ウェブアドバイザー」の育成に乗り出す。これまで主流だった検索エンジンマーケティングの効果が低迷しており、顧客視点に立った「ユーザーモデル分析」など新たな施策が求められていることが背景にある。

 「『国産 化粧水』などのキーワードで上位表示を実現し、トラフィックは2倍以上に伸びたが、売り上げは横ばいにとどまった」

 ウェブコンサルタント協会理事の権成俊氏(ゴンウェブコンサルティング 代表取締役)は、化粧品・日用品メーカーのネオナチュラル(名古屋市)のサイトリニューアルを例に挙げながら、検索エンジン頼りだった小規模・零細企業のウェブ活用に転機が来ていると指摘する。化粧品メーカーからオーガニックライフショップへ方向転換した同社は、18年7月にサイトの一部リニューアルを実施。「国産 化粧品」「国産 化粧水」「馬油」「ヘチマ水」などの検索結果で一時は1位も獲得したが、売り上げとはリンクしなかった。

ネオナチュラルのサイトのアクセス数(濃い青線)はリニューアルした2018年7月以降、約2倍に伸びたが収益(薄い青線)は横ばいにとどまった。
ネオナチュラルのサイトのアクセス数(濃い青線)はリニューアルした2018年7月以降、約2倍に伸びたが収益(薄い青線)は横ばいにとどまった。

トラフィックの価値が落ちた

 その一因が「スマートフォン経由のアクセスは、(パソコンと比べて)トラフィックの“価値”が大きく落ちている」(権氏)からだ。ネット利用はスマホにシフトしたが、コミュニケーションツールでもあるスマホでは、ユーザーはたくさんのアプリを切り替えながら使用する。化粧品の情報を調べていても、友人からメッセージが届けばすぐに離脱してしまう。また、情報検索のリテラシーが上がり、商品購入時には他のネットショップや実店舗と比較して検討することが一般的になった。

 検索エンジンから集客しても、スマホ経由では売り上げへの貢献、サイトの滞在時間や再訪問比率がパソコンより大きく低下している。そのため冒頭のような事態も起こり得るわけだ。ゴンウェブコンサルティングの顧客には、検索連動型広告の出稿を2週間ほど停止して、売り上げへの影響が出るかどうか見極めることを勧めているという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>