仏ダッソー・システムズの「3D EXPERIENCE CATIA」がデザイナーの注目を集めている。建築家の隈研吾氏も採用している3D(3次元)設計システムだ。エンジニアだけでなく、デザイナーにもアイデアや発想の支援用に売り込んでいる。

仏ダッソー・システムズの「3D EXPERIENCE CATIA」は設計用だけでなく、アイデアや発想を支援することで新しいビジネスモデルの開発にもつなげるツールだ(画像提供/ダッソー・システムズ)
仏ダッソー・システムズの「3D EXPERIENCE CATIA」は設計用だけでなく、アイデアや発想を支援することで新しいビジネスモデルの開発にもつなげるツールだ(画像提供/ダッソー・システムズ)

 マテリアル(素材)を重視することで知られる世界的建築家の隈研吾氏。自然の素材は制限があるため、コンピューターの力を活用しないと、設計はできないと言い切る。これまでもさまざまな3D設計システムを活用してきた隈研吾建築都市設計事務所だが、データ容量が大きくなると動きが遅くなったり、データの精度が悪くなったりしたという。これでは、プロジェクトの規模が大きくなると使いにくくなる。

 そこで隈研吾建築都市設計事務所が目を付けた3D設計システムが、仏ダッソー・システムズのクラウド版「3D EXPERIENCE CATIA」だった。同プラットフォーム上で稼働する建築業界向けソリューションを導入することで、建築プロジェクトの進行中でもリアルタイムで、各スタッフが複雑なパラメーターを精度良く扱えるようにした。アイデアの着想から設計、変更といった一連のプロセスが「見える化」され、変更履歴も一元管理でき、後でデータを参照することもできる。隈氏の設計思想をナレッジとして共有できるため、設計品質の向上やプロジェクトの効率化も進んだという。

 クラウドツールとして評価する隈研吾建築都市設計事務所の他、従来の3D設計システムの「意味」を変えたものとして評価する声もある。伊ミラノ工科大学のロベルト・ベルガンティ教授は、商品開発の視点から3D EXPERIENCE CATIAに注目している。同教授の著書「突破するデザイン」(日経BP社)は、世界のヒット商品やサービスの開発を分析し、最高のヒットをつくるための鉄則について述べている。その中で最も重視している点が、商品やサービスに対する「意味」を変えることで、新たな市場の開拓につなげることだという。実は、そうしたヒット商品の1つとして、3D EXPERIENCE CATIAを挙げている。

3D EXPERIENCE CATIAをデザイナーにアピールするため、世界的なデザインイベントである「ミラノサローネ」でハッカソンも行った(画像提供/ダッソー・システムズ)
3D EXPERIENCE CATIAをデザイナーにアピールするため、世界的なデザインイベントである「ミラノサローネ」でハッカソンも行った(画像提供/ダッソー・システムズ)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>