アスクルはBtoB向けECサイト「アスクル」に、シンガポールのAI(人工知能)ベンチャー、ViSENZEの画像認識サービスを導入。検索した商品が希望の商品と異なっていた場合や、欲しい商品の正式名が分からなかった場合などでも簡単に検索できるようにして、サイトの使い勝手を向上させた。アスクルは買いやすいというイメージをユーザーの間に定着させることを狙う。

スマートフォン版BtoB向けECサイト「アスクル」のトップページ
スマートフォン版BtoB向けECサイト「アスクル」のトップページ

 「ECサイトを検索して目当ての商品にたどり着いたと思ったが、本当に欲しい商品とは微妙に違っていた」

 「今使っている紙コップと同じ商品が欲しいのだが、商品名もどこで買ったかも分からないので探せない」

 「欲しい商品は頭に思い浮かぶのだが、名前が分からないので検索できない」……。

 企業の購買担当者がBtoB向けECサイトで欲しい商品を探そうとしたとき、このようなケースは実は頻繁に起きている。うまく検索できない場合、元に戻ってイチから検索し直すことを余儀なくされることも多く、担当者は時間ばかり取られてストレスがたまり、仕事の進行に影響が出てしまうようなことも珍しくない。

 アスクルはこの問題を、BtoB向けECサイト「アスクル」に、シンガポールに本社を置くAIベンチャー、ViSENZE(ビセンゼ)の画像認識サービスを導入することで解決を図った。

「この商品と似た商品」ボタンをクリックすると類似商品が表示される
「この商品と似た商品」ボタンをクリックすると類似商品が表示される

 製造するメーカーから取り寄せたり、自身で撮影したりして、主な商品の画像をまず用意。そのうえで、2018年8月末から、主な商品の詳細情報を示すページに「この商品画像と似た商品」ボタンを配置した。ユーザーがこのボタンをクリックすれば、蓄積された商品画像のデータをViSENZEのAIが解析し、色や形など、いくつかの観点から類似と言える商品の画像を、最大30個表示する。ユーザーが示された商品の中から目当ての商品に最も近い商品の画像をクリックしていくと、ViSENZEのAIがさらに最適と思われる商品の画像を表示していく。ユーザーはこうして、イチから検索し直すことをしなくても、目当ての商品にたどり着けるという仕組みだ。アスクルではこの検索サービスを「シミラー検索」と名付けている。

スマホで撮影した商品を「写真を使用」ボタンをタップしてアップロードすれば、当該商品を含めて最適と推定された商品が表示される
スマホで撮影した商品を「写真を使用」ボタンをタップしてアップロードすれば、当該商品を含めて最適と推定された商品が表示される

 18年11月からは、撮影した商品の写真から直接、商品を検索できる「画像検索」サービスも開始した。スマートフォンのサイト「アスクル」上に示された「画像から探す」マークをクリックしてから、内蔵カメラで商品そのものやカタログに掲載された商品写真を撮影し、サイトにアップロードすれば、同じくViSENZEのAIが蓄積された商品写真のデータを解析し、当該商品と判定した商品を含めてユーザーにとって最適と思われる商品をスマホのサイト上に示してくれる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>