パーソルキャリアの転職サービス「doda」のデータに基づく「平均年収ランキング2018」によると、データサイエンティストの2018年の平均年収は515万円で、17年の528万円から13万円下がったことが分かった。しかし、20代は8.8%増と大幅に伸びており企業の若手人材への投資意欲がうかがわれる。

(c)VectorKnight/Shutterstock
(c)VectorKnight/Shutterstock

 平均年収ランキング2018は17年9月~18年8月末までの間に、「dodaエージェントサービス」に登録した20~65歳のホワイトカラー系職種の男女を対象に調査。正社員約36万件の平均年収(手取りではなく支給額)をまとめた。

データサイエンティストの年収
データサイエンティストの年収

 データサイエンティストの年収が下がった背景について、パーソルキャリアは「データサイエンティストという職種が以前より一般化してきており、また、一部未経験OKな会社も出てきたことを背景に、若手のデータサイエンティストが増えてきた。そのため、年収が昨年より下がる結果となったと想定される」と分析している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>