2018年11月上旬、ポルトガルのリスボンで開催されたデジタルメディアの総合展、「Web Summit」に参加した。最大の特徴がさまざまな領域の参加者がいるダイバーシティに富んだイベントであること。ビジネス、テクノロジー、デザインの各領域から参加者が集まってくる。

ポルトガルのリスボンで開催されたWeb Summit
ポルトガルのリスボンで開催されたWeb Summit

 Web Summitには、ビジネス領域ではスタートアップ、マーケター、VC(ベンチャーキャピタル)、テクノロジー領域ではエンジニア、SE、デザイン領域ではクリエイター、デザイナーなど、各領域から集まってくる。

 約7万人もの参加者があり、約1200人のスピーカーはすべてCxOクラスというのが特徴だ。およそ1500人もの投資家が全世界から集まる。毎年1月に開催する家電の見本市CESや3月のSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)と比べると、参加者間の交流を促す仕組みが特徴的だ。自然に交流が起きるように、イベントプログラムやアプリがデザインされている。ごく自然に国や仕事の枠を超えた交流が起きて、グローバルコミュニティーに参加している感覚になる。

Women in Techのピッチに参加している、数少ない日本人と出会う。スウェーデンの古着プラットフォームThe Pasta Haters の方々(左)。スピーカーラウンジでのジャーナリスト、起業家やVCとの交流(右)
Women in Techのピッチに参加している、数少ない日本人と出会う。スウェーデンの古着プラットフォームThe Pasta Haters の方々(左)。スピーカーラウンジでのジャーナリスト、起業家やVCとの交流(右)

 イベントの前から、参加者はアプリ上でアルゴリズムによるレコメンド表示で興味が合いそうな人同士でつながることができる。こうした仕掛けもあって、出展コーナーやスピーカーラウンジ、夜の公式イベントなど、至る所で気さくな会話が生まれる。参加者ホルダーに印刷されたQRコードを撮影したり、リンクトインでつながるなどして、自然に連絡先を交換する。

参加者同士の交流を促すレコメンド。筆者に対して初期に表示されたもの。相互につながりが多かったり、興味分野が近い参加者が表示されるようだ(写真はぼかしてあります)
参加者同士の交流を促すレコメンド。筆者に対して初期に表示されたもの。相互につながりが多かったり、興味分野が近い参加者が表示されるようだ(写真はぼかしてあります)

 日中の講演や展示だけでなく、「世界をテクノロジーで幸せにしていく」というコミュニティーの一員として参加すること自体が、このイベントの価値を生んでいる。

 余談ではあるが、ある有名SNSのファウンダーが、友人たちのためにリスボンのお城ホテルを借り切って開催したイベントに参加した。クローズドということで、VCやスタートアップ、イベントオーガナイザー、メディアなどの参加者と、気さくに交流することができた。

ナイトサミットの様子。イタリアのチャットボット・スタートアップ「Tell the hotel」の方々(左)。お城でのクローズドパーティー(右)
ナイトサミットの様子。イタリアのチャットボット・スタートアップ「Tell the hotel」の方々(左)。お城でのクローズドパーティー(右)