闇が最初に関わった「呪い指輪の家」のビビリ度診断。左側がスマホで表示される画面で、ビビり度と動画が表示される。動画を共有することでSNSでの拡散を実現した
闇が最初に関わった「呪い指輪の家」のビビリ度診断。左側がスマホで表示される画面で、ビビり度と動画が表示される。動画を共有することでSNSでの拡散を実現した

テレビ事業の弱点をカバー MBSが「ホラー」に投資したワケ

2018年12月05日
  • お化け屋敷プロデューサーとして著名な五味弘文氏と組んだMBSのお化け屋敷は関西地区の夏の風物詩として定着。過去7年間で自社主催や系列局へ行ったパッケージ販売、海外興行も含めると集客は約50万人に上る
  • 2012年に開催された最初のお化け屋敷「ゆびきりの家」。霊となったあやこを成仏させるため、来場者は家に入ってあやこを探し布団の端から出ている指とゆびきりをするという、五味氏ならではのミッション型お化け屋敷。59日間で4万人以上が訪れた
  • 15年にはジャカルタ公演も実現。現地では日本のホラーも人気のため、熱狂的に迎えられたという
  • 闇が最初に関わった「呪い指輪の家」のビビリ度診断。左側がスマホで表示される画面で、ビビり度と動画が表示される。動画を共有することでSNSでの拡散を実現した