2018年11月1~11日まで、東京・日本橋で若手クリエイターと地元企業が共同で新しいのれんをデザインするという「未来ののれん展」が開催された。最新技術を取り入れたのれんは、街の人々の注目を集めた。協力企業は「コレド室町」「にんべん日本橋本店」など。

 「nihonbashi β(ニホンバシ ベータ)」と呼ぶプロジェクトの一環で“若手クリエイターと日本橋をつなぎ、日本橋の未来をつくる”がテーマ。公募による4チーム16人の若手クリエイターと日本橋の店舗・企業により、日本橋の新たな魅力を打ち出すことが狙い。Basculeの朴正義社長がプロデューサーを務め、デザイナーなど7人が若手クリエイターをサポート。各チームがデザインした4つののれんは開催期間中、街中で観光客から注目されていた。老舗企業が多い日本橋の街並みを象徴するのが「のれん」だという。日よけや仕切りなどの機能性だけでなく、店の伝統や品位も表すからだ。そこで今回はのれんに着目し、最新技術も踏まえたのれんを作った。協力企業は「コレド室町」「にんべん日本橋本店」「マンダリン オリエンタル 東京」「三井ガーデンホテル日本橋プレミア」だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>