日本デザイン振興会は2018年10月31日、2018年度グッドデザイン大賞を選出した。大賞に輝いたのは、貧困問題の解決に向けた寺の活動「おてらおやつクラブ」だ。その他、背景に社会問題が含まれ、その解決に寄与したデザインが多く選ばれた。

グッドデザイン大賞を受賞した「おてらおやつクラブ」の作品展示の様子。10月31日から11月4日まで、東京ミッドタウンで開催した「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」の会場で展示されていた。今年は神戸でも「GOOD DESIGN AWARD 神戸展」が開催される。東京以外の展示は初。会期は11月23日から12月24日まで。場所は神戸ファッション美術館。入館料は1000円(一般向けの場合)
グッドデザイン大賞を受賞した「おてらおやつクラブ」の作品展示の様子。10月31日から11月4日まで、東京ミッドタウンで開催した「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」の会場で展示されていた。今年は神戸でも「GOOD DESIGN AWARD 神戸展」が開催される。東京以外の展示は初。会期は11月23日から12月24日まで。場所は神戸ファッション美術館。入館料は1000円(一般向けの場合)

 グッドデザイン大賞に輝いたのは、貧困問題の解決に向けた寺の活動「おてらおやつクラブ」だ。寺に「おそなえ」される品を仏様からの「おさがり」として頂戴し、経済的に困難な家庭に「おすそ分け」する取り組みで、奈良県にある安養寺の住職、松島靖朗氏が立ち上げた。おてらおやつクラブの活動趣旨に賛同する全国の975寺院(18年10月現在)と、子どもや一人親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、お菓子や果物、食品や日用品などを届けているという。

 活動を始めたきっかけは、13年に大阪市で起こった母子餓死事件だった。「私たちの活動は新しい知識や物を用意する必要はなく、コストもかからない。お寺の『ある』と社会の『ない』を無理なくつなげる活動。日本では7人に1人、280万人の子どもが貧困状態にある。この受賞をきっかけに、多くの人たちが貧困問題に関心を持ち、当事者として活動するきっかけになればと思う」。松島氏は授賞式で、このように話した。

授賞式の模様。左より、2018年度グッドデザイン賞・審査副委員長の齋藤精一氏、同・審査委員長の柴田文江氏、大賞を受賞した「おてらおやつクラブ」代表理事の松島靖朗氏
授賞式の模様。左より、2018年度グッドデザイン賞・審査副委員長の齋藤精一氏、同・審査委員長の柴田文江氏、大賞を受賞した「おてらおやつクラブ」代表理事の松島靖朗氏
グッドデザイン大賞作品のロゴマーク。貧困問題解決に向けてのお寺の活動[おてらおやつクラブ]/特定非営利活動法人おてらおやつクラブ
グッドデザイン大賞作品のロゴマーク。貧困問題解決に向けてのお寺の活動[おてらおやつクラブ]/特定非営利活動法人おてらおやつクラブ