個人データの活用を一変させる可能性がある「情報銀行」の認定作業が始まりました。そこで、情報銀行がビジネスとして成り立つかを問うた特集「『情報銀行』は離陸するか」を、この週末に一気読みしてみませんか。この他にも多彩なテーマの特集記事が満載。有料会員登録をすると、申し込み初月は無料となります(有料会員登録はこちらから)。

来春動き出す「情報銀行」について週末に一気読み!(画像)

 情報銀行とは、個人データを企業間で流通可能にして、個人が自らの意思で管理し、提供に応じたさまざまなメリットを受けられるようにするもの。早ければ来春には、認定を受けた情報銀行が動き出す。このため、その仕組みや可能性が、改めて注目を集めている。情報銀行とはいったい何か。電通系、三菱系など、どの企業が手を挙げたのか。個人データを利活用するうえで必須の役割を果たすのか。ビジネスとしてうまみはあるのか……。そんな情報銀行についてさまざまな面から切り取った特集「『情報銀行』は離陸するか」全7回を紹介する。以下のリンク集から各回に飛べる。週末に一気読みすることで、「個人の関与の下でデータ流通・活用を進める仕組み」である情報銀行について理解を深め、ビジネスに役立ててほしい。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>