オンライン企業を創業して成功するなど、起業家の顔も持つ米ニューヨーク大学教授のポール・ローマー氏が2018年のノーベル経済学賞を受賞した。「イノベーションと経済成長との関係を理論化した」ことが受賞理由とされるが、その理論は難解。そこで多摩大学大学院の紺野登教授に読み解いていただいた。

「内生的経済成長理論」と呼ばれる理論を確立したポール・ローマー氏(写真:UPI/アフロ)
「内生的経済成長理論」と呼ばれる理論を確立したポール・ローマー氏(写真:UPI/アフロ)

 ポール・ローマー氏は、「内生的経済成長理論」と呼ばれる理論を確立した世界的経済学者の一人で、「技術的イノベーションを長期マクロ経済分析に統合した」貢献が評価された。1997年に米タイムの「米国で最も影響力のある25人」に選出されたことがあり、これまでもノーベル経済学賞の有力候補と見なされていた。

 しかし、ローマー氏の論文、著作は日本語で出版されておらず、日本ではローマー理論に対する認識が低かったのは残念である。筆者は一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏との共著『知識創造経営のプリンシプル』でローマー氏の理論と実践について紹介し、これまで十数回開催してきた学際的な場である「トポス会議」にビデオで登場していただいたこともある。

 ローマー氏は、経済学の異端児である。人々に実用益をもたらす経済学を主張し、従来のマクロ経済研究を批判する一方、世界銀行のチーフ・エコノミストも務めていた。オンライン教育事業を立ち上げて、成功を収めている起業家の顔も持っている。

 今回の経済学賞は「炭素税の提唱者」として知られるウィリアム・ノードハウス氏との共同受賞だった。これは、国家や企業にとって「イノベーション」と「環境」とが経済的成長の鍵になるという、心すべきメッセージであろう。