米HPは2018年10月11日、本体部分を革で作ったノートパソコンの新製品「Spectre Folio(スペクトル フォリオ)」を発表した。アルミ製が主流のなかで異彩を放つ同製品は、ディオン・ワイズラーCEOの声によるデザイン部門の再編や、経営トップ直属の組織としたHPの新戦略から生まれた。日本でも10月26日に発表している。

 パーソナル・システムズ部門グローバル・デザインのトップであるステイシー・ウルフ氏は、「これまでのノートパソコンに対する素材の常識を捉え直し、1日中使い続けるライフスタイルにふさわしいものとして、革を選択した」と言う。

「スペクトル フォリオ」は茶とボルドーの2色。データ入力用やエンターテインメント鑑賞、タブレットなど4通りに形状を変えられる。スタイラスペン付き。重量は3.28ポンド(約1.49kg)で、価格は1299ドルから。革といえども操作性や携帯性は従来品と変わりない。外装を触ると手になじむ感じだ。日本では2018年12月に発売予定で、価格は16万9800円から(税抜き)
「スペクトル フォリオ」は茶とボルドーの2色。データ入力用やエンターテインメント鑑賞、タブレットなど4通りに形状を変えられる。スタイラスペン付き。重量は3.28ポンド(約1.49kg)で、価格は1299ドルから。革といえども操作性や携帯性は従来品と変わりない。外装を触ると手になじむ感じだ。日本では2018年12月に発売予定で、価格は16万9800円から(税抜き)

 ノートパソコンに革製のケースを付けることはあるが、革を外装に使う例は珍しい。実現するために、1枚仕立ての革のシートにマグネシウムとアルミニウムの板を張り合わせ、スクリーンやキーボードなどの要素を組み立てている。画面サイズは13インチで、色は茶とボルドーの2色。データ入力やエンターテインメント鑑賞などで形状を変えることができ、タブレットとしても使える。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>