山形県鶴岡市で街づくりに取り組むベンチャー企業・ヤマガタデザインは、2018年9月19日、建築家・坂茂氏設計のホテル「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE」と全天候型児童遊戯施設「KIDS DOME SORAI」をオープンした。客室数は143室で、木造の客室を持つホテルとしては日本最大級だ。

水に浮かぶように建つSUIDEN TERRASSE。2019年には実際に稲を植え、近隣の田園と一体になった風景が出現する予定
水に浮かぶように建つSUIDEN TERRASSE。2019年には実際に稲を植え、近隣の田園と一体になった風景が出現する予定

 周囲を水田に囲まれた立地に浮かぶように設計されたSUIDEN TERRASSEは、基礎部分など以外は木造とし、田園風景に調和する2層の建築。坂氏が世界で初めて設計したホテルだ。ホテルは、ロビーやレセプション、レストラン、ライブラリーなどがある共用棟、3棟の宿泊棟、そして、天然掛け流しの温泉を提供する温泉棟から成る。

レストランやカフェとして使用する共用棟のテラス。屋根のジャバラ構造がよく分かる
レストランやカフェとして使用する共用棟のテラス。屋根のジャバラ構造がよく分かる
共用棟の中央にあるロビー。ジャバラ構造の屋根によって、木造でありながらロングスパンの開放的な空間となっている
共用棟の中央にあるロビー。ジャバラ構造の屋根によって、木造でありながらロングスパンの開放的な空間となっている

 共用棟は木造による大スパンを実現したのが特徴だ。屋根をジャバラのようなギザギザ状にすることで強度を持たせ、柱を減らした開放的な空間を実現した。共用棟とガラス張りの渡り廊下で結ばれた宿泊棟は、山形を代表する霊山である出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)にちなみG棟、H棟、Y棟と名付けられている。建築の基礎や廊下、エレベーターといったコア部分は耐火基準を満たすためにコンクリート製だが、客室はすべて木造建築。木の柱や梁が見える作りに加え、家具やカウンターなども木製で、温もりのある空間となっている。