ファーストリテイリングは2018年9月19日、同社が目指す「情報製造小売業」構想の実現へ向けて米グーグルクラウドとの協業を進めると発表した。グーグルが提供する機械学習技術などを使い、商品トレンドや需要予測、個々の顧客が求める商品開発、提供の実現を目指す。記者会見には柳井正会長兼社長も登壇し、グーグルへの期待を熱く語った。

記者会見に登壇した米グーグルクラウドCEO(最高経営責任者)のダイアン・グリーン氏(左)とファーストリテイリングの柳井正会長兼社長
記者会見に登壇した米グーグルクラウドCEO(最高経営責任者)のダイアン・グリーン氏(左)とファーストリテイリングの柳井正会長兼社長

 柳井正会長は、「需要はあらゆるデータがないと予測できない。(グーグルが持つ)世界中のあらゆるデータ、我々の服の需要に関するデータを集めて分析して、それを最適化していく」とグーグルと進めるAI(人工知能)技術の活用への期待を表明した上で、「グループ合わせて世界に約3400店ある。それぞれに最適な在庫は何かをグーグルと研究したい」と展望を語った。