ソフトバンクの傘下にある半導体設計大手の英アームは、IoTに取り組む企業向けに、新たなIoT基盤サービスを8月22日から国内を開始したと発表した。既存のソリューションに、8月に約6億ドル(約666億円)で買収したばかりの米トレジャーデータのデータ管理機能を統合した。これにより新サービスは、一つのソリューションで、各種デバイスや端末をさまざまなネットワークで安定的につなぎ、それらのデバイスや端末を制御しながら、デバイスや端末から収集したデータを統合的に管理・分析できる。今後はIoT経由で収集するデータをビジネスに生かせるかが、企業の成長を左右する。アームが提供する新サービスを導入すれば、企業は家電、自動車、住宅など自身がユーザーに提供する各種デバイスから、IoT経由でさまざまなデータを収集・分析し、いち早くビジネスに生かすことができる。

 約240億ポンド(約3兆3000億円)という巨額を投じてソフトバンクが買収した半導体設計大手の英アーム。スマートフォンや家電などのデジタル機器を動かす心臓に当たるMPU(超小型演算処理装置)の設計最大手で、同社設計の半導体の出荷数は累計1000億個以上に達する。そんな同社は3~4年前から、自社半導体を搭載したデバイスだけでなく、すべてのデバイスや端末を含めたIoTビジネスにも取り組み始めている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>