2018年6月8日~10日、米アドビ システムズはサンフランシスコ市内のギャラリーを借り切り、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)をテーマにしたユニークなイベント「Festival of the Impossible」を開催した。16人のアーティストやデザイナーがAR/VR作品を披露し、今までにないクリエイティビティーに富んだ出展が目立った。仮想空間のゲームや体験といった一般的な作品とは異なり、表現手法が大きく広がることで、AR/VRのさらなる可能性を感じさせた。

米サンフランシスコのギャラリー「ミネソタ・ストリート・プロジェクト」で開催された「Festival of the Impossible」での作品
米サンフランシスコのギャラリー「ミネソタ・ストリート・プロジェクト」で開催された「Festival of the Impossible」での作品
マイクに向かって叫ぶと出てくるバーチャルな文字を、ぶら下がった靴に当てるもので、ニール・メンドーサ氏が手掛けた
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊発売中】
書籍『マーケティング視点のDX』江端浩人著

DXが「デジタル化」で終わっていませんか?
DXをIT部門に“丸投げ”していませんか?
DXはマーケターの仕事です!
今こそマーケティング視点のDX(DX2.0)を進めよう

DX2.0の「4P」モデル(Problem、Prediction、Process、People)を提唱
国内外の企業事例(富士フイルム、ウォルマート、Zoom…)を10社掲載
「企業のDX診断」、今日から活用できる「DXワークシート」を収録
BP SHOPで購入する
アマゾンで購入する