KDDIが2018年7月12日に発表した、デザイン携帯電話「INFOBAR」の最新モデル「INFOBAR xv」が話題となっている。15年前に初登場したINFOBARを、スマートフォンではなく携帯電話で再登場させたものだが、その人気ぶりから見えてくるのは「ケータイ懐古」の高まりである。

3年ぶりの新機種となった「INFOBAR xv」。定番の「NISHIKIGOI」に加え、「NASUKON」と「CHERRY BERRY」の3色が用意される。写真は18年7月12日のauオリジナル新端末に関する説明会より
3年ぶりの新機種となった「INFOBAR xv」。定番の「NISHIKIGOI」に加え、「NASUKON」と「CHERRY BERRY」の3色が用意される。写真は18年7月12日のauオリジナル新端末に関する説明会より

深澤直人氏が手掛けた3年ぶりのINFOBAR

 携帯電話にデザインの概念を取り入れ、大きな注目を浴びたKDDIの「au Design project」。その中でも特に人気を博した「INFOBAR」が誕生15周年を迎えるに当たり、KDDIは18年秋に、同プロジェクトの新機種「INFOBAR xv」を発売する。

 新モデルのデザインは、初代INFOBARと同じプロダクトデザイナーの深澤直人氏が担当。INFOBARはこれまでフィーチャーフォン、スマートフォンを含め5機種が投入されてきたが、15年に発売された「INFOBAR A03」以来、約3年ぶりの新機種だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>