全国有数の木製家具の産地である北海道・旭川。120年以上の歴史を有し、高品質でデザイン性の高い製品を国内外の市場へ送り出してきた。

旭川デザインウィークのポスター。さまざまな考え方の集合体が1つのカタチになるという「individual(個人)+visual(視覚)」を北海道の象徴でもある「雪」で表した。クリエイティブディレクター:ミルデザイン 青木昭夫、アートディレクター:20パーセント やはずのよしゆき、デザイナー:20パーセント 森美弥子
旭川デザインウィークのポスター。さまざまな考え方の集合体が1つのカタチになるという「individual(個人)+visual(視覚)」を北海道の象徴でもある「雪」で表した。クリエイティブディレクター:ミルデザイン 青木昭夫、アートディレクター:20パーセント やはずのよしゆき、デザイナー:20パーセント 森美弥子

 旭川家具工業協同組合は40社の会員から成り、「旭川デザインウィーク(ADW)」の主催者でもある。デザインウィークの前身である「旭川家具産地展」は60回もの開催実績を持つ歴史のあるイベントで、61回目に当たる2015年から現在の名称に変更。同時に、業界関係者向けのイベントから、消費者に対しても産地の魅力を広く伝える催しへと生まれ変わった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>