スリーエム ジャパンは2018年6月12日、同社の化粧フィルム「3M ダイノック フィルム」シリーズの新製品として、表面の光沢を抑えた「マットシリーズ」を発売した。独自開発の「マット・コーティング・テクノロジー」と呼ぶ技術を活用し、マット仕上げながら、指紋などの汚れも付きにくいようにしている点が大きな特徴だ。

「マットシリーズ」には、ラバーの質感をモチーフにした「ソリッドカラー」、木肌の質感の「ドライウッド」、アルミやメタルを表現した「スムースメタル」、セメントやモルタルの「スムースモルタル」、工業的なイメージの「インダストリアルテクスチャー」、マーブルなどの「スムースストーン」、ファブリック調の「テキスタイル」がある(写真提供:スリーエム ジャパン)
「マットシリーズ」には、ラバーの質感をモチーフにした「ソリッドカラー」、木肌の質感の「ドライウッド」、アルミやメタルを表現した「スムースメタル」、セメントやモルタルの「スムースモルタル」、工業的なイメージの「インダストリアルテクスチャー」、マーブルなどの「スムースストーン」、ファブリック調の「テキスタイル」がある(写真提供:スリーエム ジャパン)

 マット仕上げは、インテリアデザインの最新トレンドとして注目されている一方で、指紋などの汚れが目立ちやすいとされている。このため、インテリアや内装で使用すると、メンテナンスに手間がかかることが大きな課題だったという。マット仕上げでありながら、指紋などの汚れをどう防止するか。新製品では、一般的なマット塗装によるマット仕上げではなく、塩化ビニールのフィルム上に特殊なコーティングを施し、表面を凸凹に加工することで外部からの光を拡散する手法を採用。反射を抑えることで、マット塗装によるマット仕上げと遜色ないレベルにしたという。表面を凸凹にすることで、指紋などの汚れも付きにくくなった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

【新刊予約受付中】
専門レポート『マーケティングDX最新戦略』

顧客に適時に適切な方法で売り込み、顧客に寄り添ってカスタマーサクセスを実現するにはどうすべきか。マーケティング×DXの戦略立案、実行に必要な打ち手がここに。
日経クロストレンド編集部、日経BPシリコンバレー支局、20人以上の専門家が執筆。600ページ以上に、国内100社、海外50社、1234のマーケテックソリューション一覧、打ち手を見つけられるマーケティングDXマップなどを掲載。
日経BPのマーケティングDX最新戦略サイトへ