日経クロストレンドが開催した「日経クロストレンド FORUM 2018」の2日目には、九州でスーパーを展開するトライアルカンパニーと、同社が中心になって立ち上げたリテールAI研究会のメンバーが登壇。「リアル店舗の逆襲、仕掛け人が明かす流通業のAI活用」と題し、同研究会で実施してきた店舗におけるAI活用の結果を基に、次世代店舗に向けた戦略を明らかにした。

AIの活用で、日本の小売りの衰退を食い止める(画像)

 リテールAI研究会は、リテール分野におけるAIテクノロジー活用に関する情報の共有や知識の獲得、企業の垣根を越えた連携を目的に発足した研究会である。「Amazon Goの登場を機に、流通のAI化の流れは加速している。1社ではアマゾンにはかなわないが、企業が連携してシステムを作ることで戦えると考えた」とリテールAI研究会代表理事の田中雄策氏は力強く語る。現在、正会員は34社、賛助会員は77社と広がっており、この8月にはリテールAIの導入方法に関する講座も開始する予定だという。

田中氏。1980年電通入社。東京ミッドタウンなど都市開発を担当。2016年4月にRemmoを設立。17年5月にリテールAI研究会を設立して現在に至る
田中氏。1980年電通入社。東京ミッドタウンなど都市開発を担当。2016年4月にRemmoを設立。17年5月にリテールAI研究会を設立して現在に至る