2018年度 人工知能学会全国大会では、AI(人工知能)が社会に与える影響がより大きくなってきたと感じさせるセッションが多かった。今回の報告リポートは、前編「AI兵器について考えた、2018年度 人工知能学会全国大会」に続く後編。産業界でAI人材が担う役割は何か、話し合われた。

パネルディスカッション「『AI人材』に今求められることと教育環境の理想と現実」の壇上、左から経営共創基盤の川上登福氏、安川電機開発研究所の関山友之氏、早稲田大学教授の尾形哲也氏、東京大学大学院特任准教授の松尾豊氏、ABEJA社長CEO兼CTOの岡田陽介氏、エヌビディア エンタープライズ事業部長の井﨑武士氏、前クロスコンパス社長の佐藤聡氏
パネルディスカッション「『AI人材』に今求められることと教育環境の理想と現実」の壇上、左から経営共創基盤の川上登福氏、安川電機開発研究所の関山友之氏、早稲田大学教授の尾形哲也氏、東京大学大学院特任准教授の松尾豊氏、ABEJA社長CEO兼CTOの岡田陽介氏、エヌビディア エンタープライズ事業部長の井﨑武士氏、前クロスコンパス社長の佐藤聡氏

 AIと社会の関わりはますます強くなってきていることを印象づけた2018年度人工知能学会全国大会。その1つが、昨年に新設した「インダストリアルセッション」という、AI活用に関する企業の取り組みをプレゼンするという企画だ。プレゼンした企業数は24社。昨年から6社増えた。パナソニックや沖電気工業、東芝、NEC、富士通研究所、日本ユニシス、ALBERT、グリッド(東京・港)などは昨年に続いての参加だ。

 インダストリアルセッションに参加した企業の狙いは、「当社のAI活用の具体的な取り組みを紹介することによって、学生に興味を持ってもらい、できればインターンシップに参加して当社のことをよく知ってもらいたいためだ」(大手製造業)。要するにAI人材の青田買いである。協賛企業の1社である富士フイルムは、人事部の担当者が鹿児島に駆けつけた。協賛理由は優秀なAI人材獲得にあることが明確だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>