「日経クロストレンド」は創刊記念イベント「日経クロストレンド FORUM 2018」の初日、2018年6月18日に「音声UIの現在と未来~活用企業の議論から探る~」と題したパネルディスカッションを実施した。登壇者は、ハンズラボ(東京・新宿)社長の長谷川秀樹氏、パルコ 執行役グループICT戦略室担当の林直孝氏、JapanTaxi(東京・千代田) 取締役CTOの岩田和宏氏の3人。各社が音声UIを利用したサービス事例を紹介するとともに、これからの音声UI(ユーザーインターフェース)活用の未来を探った。

ハンズラボ社長の長谷川秀樹氏、パルコ 執行役グループICT戦略室担当の林直孝氏、JapanTaxi 取締役CTOの岩田和宏氏(左から)
ハンズラボ社長の長谷川秀樹氏、パルコ 執行役グループICT戦略室担当の林直孝氏、JapanTaxi 取締役CTOの岩田和宏氏(左から)

 まずセッションの初めにハンズラボの長谷川氏が紹介したのが、米グーグルの開発者向けイベントで公表された「Google Duplex(グーグルデュプレックス)」の動画だ。これは、音声AI(人工知能)アシスタントが美容院に電話をかけて、相手にAIと気付かれずにスケジュールを調整して予約するというデモンストレーション。音声UIの最先端事例として、興味を引くものであった。

ハンズのAlexa、まずは商品紹介