通販企業と消費者向けに現金後払い決済サービスを提供するネットプロテクションズ(東京・中央)はQRコード決済サービス市場に参入すると発表した。通販で購入した商品の代金をまとめて翌月に支払うことができるサービス「atone(アトネ)」に、QRコード決済機能を追加し、今夏より実店舗で実証実験を開始する。QRコード決済サービスはIT企業、金融機関など多数の企業が参入を急いでおり、激しい競争が予測されている。

atoneを利用したQRコード決済のイメージ。店舗が表示するQRコードを利用者が読み取って決済している
atoneを利用したQRコード決済のイメージ。店舗が表示するQRコードを利用者が読み取って決済している

 ネットプロテクションズが通販向けに提供する「NP後払い」は、購入代金を消費者に代わって同社が通販企業へ立て替え払いすることで、企業の未回収リスクをなくすものだ。消費者は商品が届いた後、コンビニで現金支払いをすればよいので、初めてのECサイトでも安心して購入できる。

 atoneはその進化版で、会員登録することで後払い分を購入した都度ではなく、翌月にまとめて支払うことができる。購入額に応じたポイントも付与する。2017年6月よりECサイト向けに提供しており、利用が拡大しているという。今回、atoneにQRコード決済機能を追加し、実店舗で購入した商品のモバイル決済を可能にする。

現金派をモバイル決済市場へ

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>