連載「デジタル×マーケティングのウソ」でおなじみ、元西友、ドミノ・ピザ ジャパンCMO(チーフマーケティングオフィサー)の富永朋信氏が「日経クロストレンド FORUM 2018」3日目(6月20日10~13時)に短期集中セミナーを行います。「ブランド再構築」をテーマに、“マーケティングの鉄人”富永氏がワークショップ形式で直接指導。その狙いについて、富永氏に聞きました。

1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来、日本コカ・コーラ、西友などマーケティング関連職務を7社で経験。うち、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンでCMOを拝命。マーカスエバンス社CMOサミット議長(2017~)、日本マーケティング協会 CMOソサエティメンバー
1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来、日本コカ・コーラ、西友などマーケティング関連職務を7社で経験。うち、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンでCMOを拝命。マーカスエバンス社CMOサミット議長(2017~)、日本マーケティング協会 CMOソサエティメンバー

今回の「ブランド再構築」セミナーの狙いを教えてください。

経営やマーケティングがダイナミックな競争環境に対応しなければならない今、デジタルの分野では「アジャイルにPDCAを回す」「ABテストをバンバンやる」「フェイル・ファースト(早めに失敗せよ)」など、そういった状況に対応する型が出来上がってきていて、導入する企業も増えています。

 ところが、ブランディングはブランドを特定の要素に集約して定義を決め、それに沿ったことだけをやるという手法がそのまま活用され続けていて、進化していません。それによって、激変する競争環境との乖離が起きているんです。