イノベーションを起こす人のデジタル戦略メディアとして4月に誕生した「日経クロストレンド」――。創刊記念イベントとして2018年6月18~20日に「日経クロストレンド FORUM 2018」を開催します。本記事では同イベント内でも、専門的、実践的な知識を得たい人向けのエキスパートコース「予測型戦略を知るための機械学習講座」をご紹介します。

今のAIは記憶力がずば抜けた1歳児 機械学習のビジネス活用を学ぶ(画像)

 インターネットの利用やSNS投稿、スマートフォンの位置情報、クレジットカードやポイントカードを使った決済情報、IoT機器が生み出す機械の稼働状況など、世の中にはデータが増大する一方です。数年前、ビジネス現場ではこうしたビッグデータを持て余すばかりでしたが、機械学習、ディープラーニングが浸透し、データの価値が見直されてきました。大量のデータからパターンやルール、予測を生み出すことが容易になったのです。

 日経クロストレンドが開催する「予測型戦略を知るための機械学習講座」は、機械学習の種類を体系的に紹介していき、機械学習を用いたビジネスアプローチ方法にはどういったものがあるのか学んでいきます。

 講師は、Preferred Networks(PFN)知的情報処理事業部長の海野裕也氏。PFNは国内でディープラーニングの研究、活用で先頭を走る一社です。17年8月には、トヨタから約105億円の資金調達をしたほか、日立製作所とファナックとは18年4月に共同出資会社インテリジェント・エッジ・システムを設立するなど、大企業から注目を集めています。