2018年3月17日、イッセイ ミヤケは京都市内では初の路面店「ISSEY MIYAKE KYOTO」をオープンさせた。店舗デザインはプロダクトデザイナーの深澤直人氏が担当。昔ながらの町家が残る京都市の柳馬場通沿いで、築132年の町家をリノベーションし、ファサードも町家の雰囲気をそのまま残すことで、周囲の環境になじませた。

墨を混ぜた漆喰で塗られた店内は落ち着いた雰囲気。什器のデザインを含めて深澤直人氏が手掛けた
墨を混ぜた漆喰で塗られた店内は落ち着いた雰囲気。什器のデザインを含めて深澤直人氏が手掛けた

 2018年3月17日、イッセイ ミヤケは京都市内では初の路面店「ISSEY MIYAKE KYOTO」をオープンさせた。場所は、昔ながらの町家が残る京都市の柳馬場通沿いで、京都市役所から歩いて10分ほど。築132年の町家をリノベーションし、ファサードも町家の雰囲気をそのまま残すことで、周囲の環境になじませた。

 「ISSEY MIYAKE KYOTO」は京都市役所から徒歩10分ほどの場所にある。店舗デザインは「ISSEY MIYAKE GINZA / URA」や「me ISSEY MIYAKE / AOYAMA」を手掛けたプロダクトデザイナーの深澤直人氏が担当した。店内に町家の柱や梁を残すなど、元からあった要素を生かして空間を構成した。店内の壁は、墨を混ぜた漆喰を使い、職人が仕上げた。グレーを基調とした売り場に落ち着いた雰囲気が漂う。モノトーンの壁によって、商品の鮮やかな色が際立つ効果があるという。入り口にはグラフィックデザイナーの浅葉克己氏によるブランドロゴを表示しているだけで、目立つ装飾などはない。前を通っても、イッセイミヤケのショップだと気付かない人の方が多いだろう。