アトレは2018年3月29日、JR土浦駅の新しい駅ビル「プレイアトレ土浦」をオープンした。旧駅ビルを業態転換したものだ。「プレイアトレ」は同社の駅ビルの新ブランドで、土浦はその第1号店である。同ブランドは、従来型のショッピングを主とした駅ビルからの脱却をテーマに、単にモノを売ることに留まらない「コト発信」「体験の提供」に軸を置いた。「モノ」はなるべく売らず、「コト」を売るのがコンセプトだ。

「プレイアトレ土浦」の開発を手掛けたアトレの藤本沢子・土浦店課長兼プロジェクトリーダー。「モノ消費」ではなく「コト消費」にシフトした
「プレイアトレ土浦」の開発を手掛けたアトレの藤本沢子・土浦店課長兼プロジェクトリーダー。「モノ消費」ではなく「コト消費」にシフトした

 2018年3月29日、アトレは、JR土浦駅の新しい駅ビル「プレイアトレ土浦」をオープンした。旧駅ビルの「ペルチ土浦」を業態転換したものだ。「プレイアトレ」は同社の駅ビルの新ブランドで、土浦はその第1号店である。同ブランドは、従来型のショッピングを主とした駅ビルからの脱却をテーマに、単にモノを売ることにとどまらない「コト発信」「体験の提供」に軸を置いた。「モノ」はなるべく売らず、「コト」を売るというのがコンセプトだ。

 「コト」のメインコンテンツはサイクリング。土浦駅は日本で2番目に広い湖、霞ヶ浦の湖畔近くに位置する。霞ヶ浦を1周し、さらに北西の筑波山方面に延びる全長180kmにも及ぶサイクリングロード「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の起点になる。この地域は平坦で高低差が少なく、自転車には走りやすい。一方、マウンテンライドに挑戦したければ、筑波山がある。幹線道路を外れると自動車の交通量も少なく、そして風光明媚であり、サイクリングにはうってつけの環境が整っている。しかも、東京からは電車で最短49分。プレイアトレ土浦はサイクリングを楽しむための、いわば“ベースキャンプ”だ。