アクセンチュアは、「2018 デジタル消費者調査」の結果と日本の関連する分析を公表した。2018年のトレンドとして、「スマートスピーカーによる新しい体験」「オンデマンドの動画体験への期待」「自動運転に対する注目度の上昇」「拡張現実(AR)/仮想現実(VR)への高い関心」の4つを挙げた。

2018年のトレンドとして「スマートスピーカーによる新しい体験」「オンデマンドの動画体験への期待」「自動運転に対する注目度の上昇」「拡張現実(AR)/仮想現実(VR)への高い関心」を挙げた
2018年のトレンドとして「スマートスピーカーによる新しい体験」「オンデマンドの動画体験への期待」「自動運転に対する注目度の上昇」「拡張現実(AR)/仮想現実(VR)への高い関心」を挙げた

 「2017年のデジタル消費者調査では、スマートフォン利用者の拡大をトレンドに掲げたが、今年はスマホの一部の利用法をスマートスピーカーが取っていくようになった。1年の変化は大きく、消費者が変化に速やかに適応していく状況が見て取れる」

 こう話したのは、アクセンチュア 通信・メディア・ハイテク本部 通信・メディア統括 兼 経営コンサルティング統括 マネジング・ディレクターの金若秀樹氏。同氏は、この調査を通じて「消費者はリアルとデジタルがより融合した体験を望んでいる」という傾向を紹介した。

 特にスマートスピーカーの新しい体験が、デジタル消費者に着実に浸透していることが調査から見えてきた。

 調査は2011年から継続しているもので、今回は日本の1000人を含む世界19カ国の2万1000人を対象に実施した。今回の調査では、2017年にスマートスピーカーを所有していた人の割合(分母はインターネットに接続可能なオンライン人口)は、米国が21%、メキシコが15%、中国とインドが14%と上位に並んだ。日本は8%で西欧各国に近い水準であるという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>