2023年4月開校予定の「神山まるごと高専(仮称)」は、「デザイン」「テクノロジー」「起業家精神」を学ぶ全寮制高等専門学校だ。講師陣はテクノロジー、デザイン、アントレプレナーシップのいずれかのプロフェッショナル。その目指すものを、理事長に就任予定の寺田親弘氏に聞いた。

寺田 親弘(てらだ ちかひろ)氏
神山まるごと高専 理事長(予定)
Sansan代表取締役社長/CEO

慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、三井物産入社。情報産業部門に配属された後、米国シリコンバレーでベンチャー企業の日本向けビジネス展開支援に従事。その後、関連会社に出向し、経営企画、管理業務を担当。2007年Sansan創業

──徳島県神山町で「神山まるごと高専(仮称)」設立に取り組むきっかけは?

寺田親弘氏(以下、寺田) 今も、ビジネスが自分の主戦場であることに変わりはありませんが、本業では解決できない社会課題として教育に興味がありました。テクノロジーとデザインで「モノ」を生み出すことができれば、起業して「コト」を起こすことができる。これらの能力を持ち合わせた人材育成の場として、高等専門学校(高専)設立を目指すに至りました。

──なぜ高専なのでしょうか。

寺田 高校は大学予備校、大学はモラトリアム期間とも揶揄(やゆ)されます。高専は15歳で入学して20歳まで、一貫した意思と目的を持って学ぶ点が魅力です。「教育は若いうちから」という声もありますが、小中学校は、親の意思やバックボーンで決まるケースがほとんど。そう考えると、自分の意思で進路を選べるのは高校生くらいから。小中学校でも高校でも大学でもなく、15歳から5年間学ぶことに意味があると考えています。

「神山まるごと高専(仮称)」は、徳島県・神山中学校から譲り受けた校舎を使用予定。学校長(予定)に高専出身者でZOZOの元CTO、大蔵峰樹氏、クリエイティブディレクターにウエディングビジネスのCRAZY(東京・渋谷)創設者、山川咲氏が名を連ねる
「神山まるごと高専(仮称)」は、徳島県・神山中学校から譲り受けた校舎を使用予定。学校長(予定)に高専出身者でZOZOの元CTO、大蔵峰樹氏、クリエイティブディレクターにウエディングビジネスのCRAZY(東京・渋谷)創設者、山川咲氏が名を連ねる

デッサンの授業もAIの授業もある

──どんな授業を予定していますか?

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
8
この記事をいいね!する