2020年のエンターテインメント業界ではアイドルデビューを懸けたサバイバルオーディション番組が大きな熱狂を生んだ。そんな中、20年9月からテレビ&ビデオエンターテインメントサービス「ABEMA」では、異色の俳優育成オーディションバトル番組『主役の椅子はオレの椅子(以下、オレイス)』が配信され、人気が上昇。共同企画者であるサイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏、ネルケプランニング代表取締役会長の松田誠氏と、MCを務める尾上松也氏に番組の魅力を語ってもらった。

※日経トレンディ2021年1月号の記事を再構成

『主役の椅子はオレの椅子』(ABEMA)
『主役の椅子はオレの椅子』(ABEMA)
19人の若手俳優たちによるオーディションバトル番組。出演者たちは、脱落した場合「出演はせず舞台の裏方に回る」または「完全に番組を降りる」のどちらかを選ぶというルールの下、舞台の出演権が与えられる10人の枠を争う。勝ち残った10人は、劇団鹿殺しの丸尾丸一郎が演出するオリジナル舞台への出演権を獲得。また1人の優勝者には、堤幸彦が監督を務める映画への主演権も与えられる。12月23日の生放送で優勝者が決定する
藤田 晋(ふじた すすむ、右)氏
サイバーエージェント代表取締役社長
1998年にサイバーエージェントを創業。ネット広告で飛躍し、2000年に26歳で東証マザーズに上場。16年にテレビ&ビデオエンターテインメントABEMA(開局時:AbemaTV)をスタート。
尾上 松也(おのえ まつや、中央)氏
歌舞伎俳優
尾上松助(六代目)を父に持つ。歌舞伎以外にも舞台やミュージカルに出演するなど幅広く活動。20年にヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)にも瀬名洋介役として登場し話題となった。
松田 誠(まつだ まこと、左)氏
ネルケプランニング代表取締役会長
ミュージカル『テニスの王子様』やミュージカル『刀剣乱舞』といったヒット作を手がける演劇プロデューサー。一般社団法人・日本2.5次元ミュージカル協会の代表理事も務める。

番組を通じてABEMAからスターを生み出したい

――ABEMAで俳優育成オーディション番組を立ち上げた経緯を教えてください。

藤田晋氏(以下、藤田) 以前、ネルケプランニング主催の舞台『A3!』と『ハイキュー!!』を見させていただく機会がありました。その会場に集まるファンの熱狂を肌で感じて、「ABEMAで何かをやらせてもらえないか」という話を松田さんにしたところからスタートしました。

――現場で感じた熱をABEMAの番組に反映させたいという思いがあったということでしょうか?

藤田 そうですね。(イケメン役者育成ゲームを舞台化した)『A3!』の会場には男性客はほとんどいませんでしたけど、僕が見ても面白いと感じました。

“ABEMA発のスター”を輩出するということは、開局当初からの悲願(藤田)
“ABEMA発のスター”を輩出するということは、開局当初からの悲願(藤田)

――コロナ禍で演劇業界が商業的な意味で厳しい状況というのを受けて「盛り上げよう」と始まったわけではないんですね。

松田誠氏(以下、松田) 企画が動き出したのはそれよりも前です。藤田さんが舞台を見て「こういう世界があって、これだけの人が熱狂しているんだ」と肌で感じてくださったことが始まりでした。初めからオーディション番組のアイデアで動き始めたわけではなく、いくつかの選択肢がある中から、“番組を通じて若い俳優のスターを生み出そう”と今の形に着地しました。

藤田 我々としては2016年にABEMA(開局時:AbemaTV)を立ち上げて、“ABEMA発のスター”を輩出するということは、開局当初から1つの成功の証しだと考えていましたし、ある種の悲願でもあります。これまでにも『格闘代理戦争』や『ラップスタア誕生!』など僕の好きなジャンルでスター発掘番組は立ち上げてきましたが、今回は松田さんとご相談して俳優のスター発掘をやってみようと。

松田 今、若い子の役者志望者は増えています。近年、ABEMAをはじめとした配信プラットフォームが増加しているので、当然比例するようにコンテンツの数も増えている。要するに活躍できる場が多くなっています。そうした背景から役者を目指す若者が増加傾向にあるんだと思います。

今、若い子の役者志望者は増えています(松田)
今、若い子の役者志望者は増えています(松田)