横浜市に本社を置くタクシー会社三和交通は、「忍者でタクシー」「SP風TAXI」などユニークなサービスが特徴だ。映像関連の元クリエイターだった吉川永一社長は、ちょっと笑えるものから、顧客の困りごとを解決するものまで、常に新しいサービスを投入し続ける。狙いは若い人に向けたブランディングにある。

三和交通社長 吉川永一(よしかわ ながいち)氏

1977年生まれ。99年よりフリーランスとしてデザイン業に従事。2000年神奈川大学経営学部卒業。02年ニューヨークフィルムアカデミー卒業。03年三和交通に入社し、07年より同社社長

三和交通ではタクシーを使ったユニークなサービスをたくさん展開しています。顧客の要望でゆっくり走るボタンのついた「タートルタクシー」のサービスは、2014年度グッドデザイン賞&グッドデザイン・ベスト100を受賞するほどです。狙いはなんですか。

一言で言うと、ブランディングのためです。運転手の高齢化が進むタクシー業界の古臭いイメージを覆し、新しいことに取り組んでいる面白い会社だとアピールしたかった。社名を覚えてもらうだけでも、他社と差異化ができます。特に新卒採用では、こうしたブランディングが効果的でした。以前は新卒採用ではせいぜい3~5人しか集まらなかったのですが、今では15~20人が来てくれるようになりました。神奈川県のタクシードライバーの平均年齢は60歳を超えていると思いますが、当社では47歳ですから若返りも進んでいます。一般のお客さまからの電話による配車依頼もずっと右肩上がりを続けていて、これもブランディングの成果だと考えています。

一方で、出産間近い妊婦さんをサポートする「陣痛119番」や、ペットと一緒に乗車できる「ペットタクシー」など、面白さと一線を画した人のニーズや気持ちに寄り添ったサービスも数多くあります。

 

妊婦さんのサポートについては、弊社も加盟していた神奈川県のタクシー会社の組合が主導して10年ごろから始めましたが、実際にやってみると非常に多くの方から登録がありました。妊婦さんは陣痛が起きて急いで病院に行きたくても「タクシーを使うと嫌がられるのではないか」「申し訳なくてタクシーを利用しにくい」という気持ちがあったようです。だから「登録しておくと陣痛のときにタクシーが喜んで迎えに来てくれる」というサービスは、すごく喜ばれました。

 その流れを見ていて、「ペットはどうだろう」と思いました。当時、あるタクシー会社は介助犬の乗車拒否をして非難を受けていたので、改めて自社の対応を調べてみました。問い合わせを受けた場合は「ケージに入れてください」とお願いしますが、例えば小型犬を抱いて乗ってきた場合でも断らず、すべて受け入れる体制になっていました。そうであれば「弊社はペットを100%受け入れています」ということをきちんとルール化したほうがいいと思いまして「ペットタクシー」を始めました。ペットタクシーも陣痛119番に負けないくらい毎年、登録者数が増え続けています。

「ペットタクシー」はペットと一緒に乗車できる専用のタクシーで、2016年10月から開始している。大型犬まで対応可能なカーゴスペースも用意。あらかじめ病院を登録しておくことで、スムーズに送り迎えができる「ペット119番」サービスもある
「ペットタクシー」はペットと一緒に乗車できる専用のタクシーで、2016年10月から開始している。大型犬まで対応可能なカーゴスペースも用意。あらかじめ病院を登録しておくことで、スムーズに送り迎えができる「ペット119番」サービスもある
18年2月に開始した「黒子のタクシー」。ドライバーが日本伝統の黒子スタイルで運転する。基本的に言葉は使わず、筆談とジェスチャーだけで対応する
18年2月に開始した「黒子のタクシー」。ドライバーが日本伝統の黒子スタイルで運転する。基本的に言葉は使わず、筆談とジェスチャーだけで対応する
18年6月から開始した「忍者でタクシー」。忍者の装束をまとったドライバーが運転し、「忍者用語」で対応する。手裏剣は折り紙製
18年6月から開始した「忍者でタクシー」。忍者の装束をまとったドライバーが運転し、「忍者用語」で対応する。手裏剣は折り紙製
18年6月から開始した「SP風TAXI」。ドライバーが要人警護を担当するSP(セキュリティポリス)にふんする。しかし、携行する拳銃は水鉄砲
18年6月から開始した「SP風TAXI」。ドライバーが要人警護を担当するSP(セキュリティポリス)にふんする。しかし、携行する拳銃は水鉄砲