※日経デザイン 2020年1月号の記事を再構成

ビジネスにおいて今まで以上にデザインが重視され、急激にデジタル化が進む時代になると、企業には何が問われるのか、どんな人材が求 められるのか。デザイン思考やデザイン経営に関する著作を持つTakramの田川欣哉氏とBIOTOPEの佐宗邦威氏が語り合った。

※2019年9月2日に東京・渋谷の青山ブックセンター本店で開催された対談を基に再構成しました(取材協力:大和書房)

田川 欣哉(たがわ きんや)氏 (左)
Takram 代表/デザインエンジニア
プロダクトやサービス、ブランドまで、テクノロジーとデザインの幅広い分野に精通するデザインエンジニア。主なプロジェクトにトヨタ自動車「e-Palette Concept」のプレゼンテーション設計、日本政府の地域経済分析システム「RESAS」のプロトタイピングなどがある。経済産業省・特許庁の「デザイン経営」宣言の作成に関わった。著書に『イノベーション・スキルセット世界が求めるBTC型人材とその手引き』(大和書房)がある。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート名誉フェロー

佐宗 邦威(さそう くにたけ)氏 (右)
BIOTOPE CEO/チーフ・ストラテジック・デザイナー
米イリノイ工科大学デザイン学科修士課程修了。P&Gのブランドマネージャーなどを務め、ソニーの新規事業創出プログラム(SonySeed Acceleration Program)の立ち上げにも携わった後に独立。消費財のブランドデザインやハイテクのコンセプトデザイン、サービスデザインなどのプロジェクトを手掛ける。著書に『ひとりの妄想で未来は変わる』(日経BP)、『直感と論理をつなぐ思考法』(ダイヤモンド社)などがある。大学院大学至善館准教授

田川 僕は先般、書籍『イノベーション・スキルセット世界が求めるBTC型人材とその手引き』(大和書房)を出版しました。サブタイトルにあるようにビジネスとテクノロジー、クリエイティビティーを「BTC」と呼び、これからの商品・サービス・事業を作るときに、どんな人材が必要なのかを自分なりに考察した内容です。今回は『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』(ダイヤモンド社)などの著作でも知られるBIOTOPEの佐宗邦威さんと対談する機会を頂き、デザインとビジネスの関係や、それに伴う今後の人材育成について深めていきたいと思います。実は初めて佐宗さんにお会いします。本日はよろしくお願い致します。

佐宗 田川さんの書籍の出版イベントにお声をかけていただき、大変うれしく思います。デザイン思考やデザイン経営など、最近はデザインやクリエイティビティーの重要性が叫ばれるようになりました。しかし海外と比較すると、デザイン経営と、その実装に必要とされる人材は、日本ではまだまだ足りないと感じています。企業の文化を創造的に変えようとしても、社内の創造を実践したり、創造を通じた変化を媒介する人材不足がボトルネックになっているのではないでしょうか。今日、田川さんと初めてお会いしますが、まさに田川さんも人材や文化の面に変化を仕掛けようとされているのではと思いました。

田川 デジタルがいよいよ全領域に浸透するなかで、既存の枠組みが機能不全に陥っています。そのような状況で、領域を踏み越える人たちが、新しいフィールドを切り開いています。それをシンプルに表現したのがBTCでした。ビジネスとテクノロジーの「B」と「T」の関係について論じた書籍はたくさんありますが、そこにデザインや広告、コミュニケーションまで含めたクリエイティビティーの「C」をつなげています。ビジネスやテクノロジー系の人がデザインのスキルを身に付けられるのか、デザイン導入の本質は何かなどについて書きました。ビジネスやテクノロジー系の人にも読んでほしい内容です。