19年のネスレ日本のブランデッドムービー『上田家の食卓』は、不足している栄養素をカプセルに入ったサプリメントで摂れるというパーソナライズサービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」をPRする。「栄養は健康に必要だと伝えたい。ゆくゆくは医療費の削減につながれば」と高岡社長は新サービスの展望を語る
19年のネスレ日本のブランデッドムービー『上田家の食卓』は、不足している栄養素をカプセルに入ったサプリメントで摂れるというパーソナライズサービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」をPRする。「栄養は健康に必要だと伝えたい。ゆくゆくは医療費の削減につながれば」と高岡社長は新サービスの展望を語る

ネスレ高岡社長×別所哲也 ブランドマーケに短編映画のワケ

2019年07月24日
  • ネスレ日本の高岡浩三社長とショートショートフィルムフェスティバル&アジア代表の別所哲也氏
  • 2019年に開催されたショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)では、ネスレのブランドデッドムービーの新作「上田家の食卓」が公開された。16年にブランデッドムービー部門が創設された
  • 日本初のショートムービー映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」を立ち上げた別所哲也氏
  • 高岡社長は『花とアリス』の成功体験から、ショートムービーをクライアントの問題解決策として広める価値を感じたという
  • 19年のネスレ日本のブランデッドムービー『上田家の食卓』は、不足している栄養素をカプセルに入ったサプリメントで摂れるというパーソナライズサービス「ネスレ ウェルネス アンバサダー」をPRする。「栄養は健康に必要だと伝えたい。ゆくゆくは医療費の削減につながれば」と高岡社長は新サービスの展望を語る